@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユトレヒト条約【ユトレヒトじょうやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユトレヒト条約
ユトレヒトじょうやく
Treaties of Utrecht
1713年4月~14年9月にわたって締結されたスペイン継承戦争を終結するための一連講和条約。この結果,スペインのフェリペ5世王位を認められたが,フランスの王位継承権は放棄,フランスは東部国境線の保持が決った。イギリスはフランスからニューファンドランドアカディア,ハドソン湾地方を,スペインからジブラルタルミノルカ島を譲り受け,スペイン植民地へのアフリカ奴隷供給権 (→アシエント ) を得,最大の受益国となった。オーストリアスペイン領ネーデルラントミラノサルジニアを獲得。サボイア家シチリア王国の獲得,プロシアの王号承認なども決り,18世紀ヨーロッパの国際関係の大枠がほぼ確定された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ユトレヒト‐じょうやく〔‐デウヤク〕【ユトレヒト条約】
1713年から1715年にかけて、ユトレヒトで締結されたスペイン継承戦争の一連の講和条約。フランス・スペインの合併禁止、フェリペ5世の復位は認められたが、アン女王の英国王位の承認、ジブラルタルミノルカ島・仏領アメリカの一部などのイギリスへの割譲が決められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ユトレヒトじょうやく【ユトレヒト条約】
1713年4月11日,スペイン継承戦争の交戦国であるフランスとイギリス,オランダ,ポルトガルサボイアプロイセンとの間にユトレヒトで結ばれた一連の講和条約。翌14年のラシュタット条約(神聖ローマ皇帝・フランス間),バーデン条約(プロイセン以外のドイツ諸国・フランス間)によって補完される。ユトレヒト条約により,スペインの王位は,フランスが同王国を統合しないという条件で,ルイ14世の孫フェリペ5世に与えられ,スペインにおけるブルボン朝が始まった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユトレヒト条約
ゆとれひとじょうやく

スペイン継承戦争(1701~14)終結の際の一連の講和条約の総称。まず1713年4月11日、フランス、スペインとイギリス、オランダ、ポルトガル、サボイア間にオランダのユトレヒトUtrechtで条約が成立。ついで、14年3月6日、フランスとドイツ皇帝(オーストリア)間にラシュタット条約、さらに同年9月7日のバーデン条約、15年11月15日のオランダと南ネーデルラント間の障壁協定と一連の補足の協約が成立した。

 この結果、スペインは、フェリペ5世の復位は認められたものの、ネーデルラント、北イタリア、ナポリ、サルデーニャはオーストリアへ、シチリアはサボイアへ譲渡され、決定的に没落した。フランスは、戦前の領地を保持したが、ルイ14世の大陸制圧政策は挫折(ざせつ)した。もっとも有利なのはイギリスで、ジブラルタル、ミノルカ島を得て地中海制圧の足場をつくり、ニューファンドランドほかを得て北アメリカ植民地を拡大し、またスペイン植民地に対する貿易特権を得て、イギリス優位の時代を開いた。

[千葉治男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ユトレヒト‐じょうやく ‥デウヤク【ユトレヒト条約】
一七一三年に結ばれたスペイン継承戦争の講和条約。イギリス・フランス・オランダ・サボア・プロイセン・ポルトガル間に締結。翌年のラシュタット条約とともに、(1)フランスはスペインと合併しないこと、(2)フェリペ五世をスペイン王として承認すること、(3)イギリスはフランスから海外重要植民地(ニューファンドランド・ハドソン湾地方など)、スペインからジブラルタル・ミノルカを得ること、(4)オーストリアはスペイン領ネーデルラント、サルジニア、ミラノを領有すること、(5)サボアは王号とシチリア島を得ること、(6)ブランデンブルク選帝侯はプロイセン王の称号を許されること、などが決められた。フランスは名をとり、イギリスは実をとったこの条約により、以後イギリスの優勢が決定的となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ユトレヒト条約
ユトレヒトじょうやく
Treaty of Utrecht
スペイン継承戦争終結のための講和条約
1713年4月11日,オランダのユトレヒトでフランス・イギリス・オランダ・サヴォイ間に結ばれた。おもな内容は,次のとおり。(1)フランスとスペインは合同しないことを条件に,フェリペ5世をスペイン王と認める。(2)イギリスはスペインからジブラルタルとミノルカ島を,フランスからニューファンドランド・アカディア・ハドソン湾地方を得る。(3)オランダはスペイン領ネーデルラントの数市を,サヴォイはシチリア島を得る。(4)サヴォイとプロイセンは王号を許される。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユトレヒト条約」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユトレヒト条約の関連情報

関連キーワード

ヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)ハプスブルク家ピエモンテビバルディロイズ総合年表(アメリカ)鬱滞蓮華会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation