@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユニバーサルモーター【ゆにばーさるもーたー】

世界大百科事典 第2版

ゆにばーさるもーたー【ユニバーサルモーター】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユニバーサルモーター
ゆにばーさるもーたー
universal motor

小容量の直巻(ちょくまき)直流電動機で、交流、直流のいずれの電源でも使用できるもの。とくに交流で使う場合、交流整流子機とよぶ。交流整流子機は毎分1万回転以上の高速回転が容易に得られる特長を生かして、ミシン、電気ドリル、掃除機などに使われる。直巻機なので、交流を加えたときでも、電機子電流が正および負に変わっても、界磁の極性も電機子電流に同期して反転し、発生するトルク(回転力)はつねに同じ向きとなり、継続して運転できる。しかし磁極鉄心や継鉄部の渦電流による損失が大きいので直流機と異なり、これらを積層鉄心にして、渦電流を少なくしておく必要がある。ユニバーサルモーターの特性は、直巻直流電動機と同様に低速時にトルクが大きく、高速時に小さい。毎分1万回転という高速度も得ることができる。交流、直流いずれの電源で運転してもほぼ同じような特性となる。

[磯部直吉・森本雅之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユニバーサルモーター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユニバーサルモーターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation