@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユビナガコウモリ(指長蝙蝠)【ユビナガコウモリ】

世界大百科事典 第2版

ユビナガコウモリ【ユビナガコウモリ(指長蝙蝠) bent‐winged bat】
翼手目ヒナコウモリ科の哺乳類。虫食性のコウモリで,前肢の第3指(中指)の第2指骨が著しく長いので,この名がある。ヨーロッパ南部,アジアオーストラリアに広く分布し,日本では北海道,伊豆七島をのぞく本州四国九州およびその属島にいる。前腕長47~48mm,頭胴長60~67mm。頭が小さく,耳介も短い。いっぽうは細く,が狭い。翼をたたむとき,第3指の第2指骨を前方に折り曲げる。飛翔(ひしよう)力が強く,アマツバメのように高速で高空を飛ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ユビナガコウモリ(指長蝙蝠)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユビナガコウモリ(指長蝙蝠)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation