@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユリウス(2世)【ゆりうす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユリウス(2世)
ゆりうす
Julius Ⅱ
(1443―1513)

ローマ教皇(在位1503~13)。前名ジュリアーノ・デッラ・ロベーレGiuliano della Rovere。教皇シクストゥス4世の甥(おい)。元アビニョン大司教、フランス教皇特使、枢機卿(すうききょう)。ピウス3世の短い在位ののち、教皇位につく。おもな業績は、教皇の世俗権の回復と拡大であり、しばしば自ら軍を率いて戦場に立った。1504年、チェーザレ・ボルジャをイタリアから追い払った。09年にフランスとカンブレー同盟を結んでベネチアと戦い、ついでベネチアと神聖同盟を結んでフランスと敵対した。12年に第5回ラテラン公会議を招集し、ガリカニズムを退けた。ラファエッロ、ミケランジェロ、ブラマンテら芸術家たちの保護者であった。

[佐藤三夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ユリウス(2世)
Julius Ⅱ
1443〜1513
ローマ教皇(在位1503〜13)
教皇領と教皇権拡大につとめ,ヴェネツィアの勢力をくじき,フランスに対抗した。またブラマンテミケランジェロラファエロらの芸術家を保護してローマルネサンスの中心とし,サン−ピエトロ大聖堂の再建に着手した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユリウス(2世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユリウス(2世)の関連情報

関連キーワード

ピウス3世ボルジア家クラーナハ[父]アレクサンデル[6世]ブロアユリウス[2世]アレクサンデル6世ベルゲテボルジャ家アレクサンデル6世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation