@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユリウス2世【ユリウスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユリウス2世
ユリウスにせい
Julius II
[生]1443
[没]1513.2.21. ローマ
教皇 (在位 1503~13) 。フランシスコ会士。伯父シクスツス4世によって 1471年枢機卿。本名 Giuliano della Rovere。教皇として皇領再建に尽力外交政策を駆使してベネチアに対抗し,イタリアへのフランスの野心をくじき,フランス勢にくみした枢機卿らによる離教の危機は,1512年第5回ラテラノ公会議を開催して収拾した。インド,アフリカ宣教師を派遣。芸術の保護者であり,ミケランジェロラファエロらを登用。新しい聖ペテロ大聖堂の礎石を置いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユリウス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユリウス2世の関連情報

関連キーワード

レオ10世足利義勝小倉宮金蔵主日野有光日野有光モンテフェルトロ家ユリウス[2世]ユリウス(2世)オレンボー朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation