@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユレモ

世界大百科事典 第2版

ユレモ【Oscillatoria】
分枝のない直径4~60μmの円柱状の糸状ラン藻の1属で,細胞糸はまっすぐかまたはゆるやかに曲がる。周囲に鞘(さや)状の細胞壁構造や粘質物質をもたないことが特徴である。種類数が多く,日本では60余種の生育が知られる。世界各地に分布し,いたるところの湿地水中に見られる。細胞糸が互いにからみ合って団塊をつくって浮遊生活をするか,または湿土上などにマット状に生育する。細胞糸ははげしくゆれ運動をする性質があり,和名はこのことに由来し,学名も〈振れ動く〉のである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユレモ
ゆれも / 揺藻
[学] Oscillatoria

藍(らん)色植物、藍藻類の一属の総称。形態的には藍青色円盤状の細胞が一列につながって糸状体になるが、粘鞘(ねんしょう)はもたない。この属には約100種あるが、なかには滑走運動をするものがあることからユレモの名がつけられている。日本では湖沼、池、どぶ川などの水中・水底のほか、海岸の岸壁にも生える汎布(はんぷ)種である。

[小林 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユレモ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユレモの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation