@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユーカリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユーカリ
Eucalyptus globulus; blue gum
フトモモ科の常緑高木。オーストラリア原産で,地中海沿岸や北アメリカ南部で栽培され,日本には 1877年頃渡来し,温暖な地方で生育している。幹は直立し 100m以上に達するものもあり,よく分枝し,老樹の樹皮はよくはげる。幼樹の葉は卵円形で柄がなく,薄質で対生するが,生長樹の葉は生し,披針形で,有柄,厚質で多少鎌形に湾曲する。葉に小油点があり,傷つけると樟脳に似た芳香がある。夏に,葉腋に短柄の緑白色の花が単生する。萼と花弁は早く落ち,多数のおしべが露出する。果実は円錐形で堅い。新鮮な葉からユーカリ油をとり,広く薬用にする。また樹木が巨大で土中の水分を多量に吸上げるので,乾燥した環境を得るために住宅の周囲に植えられる。ユーカリ属の植物はオーストラリアを中心に約 600種もあり,園芸種として栽植されるものも多い。乾燥に強く生長が速いので乾燥地域での緑化樹として世界的に植えられている。しかし材質が悪いため用材としての利用はあまりされていない。日本では上述の種類のほか,レモンユーカリ E. citriodora,ヤナギバユーカリ E. leucoxylonなどもときに栽植されている。なおユーカリの名はこの属の植物全体の総称として使われることもあり,その場合の英名としては gum-treeが使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ユーカリ【(southern) blue gum】
樹高45~55m,直径1.2~2mになるフトモモ科の常緑高木で,オーストラリアの南東端部とタスマニア島に分布する(イラスト)。生長が早いので世界各地で造林用に用いられ,また公園などにも植えられる。日本には明治初めに入った。樹皮は灰色で,薄片状に細長くはげ,青灰色のはげ跡が残る。葉は著しい異型性を示し,若木では長さ約10cmの卵形,無柄で対生し,成木では長さ約20cmの披針形,全縁で,やや鎌形に曲がり,柄があり互生する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ユーカリ
〘名〙 (eucalyptus から) フトモモ科の常緑大高木。オーストラリア原産。原産地では高さ六〇メートルに達する。葉には芳香があり白粉におおわれ、上葉はゆがんだ披針形で下葉は卵状楕円形。夏、枝梢の葉腋に径約四センチメートルの緑白色の花が咲く。果実は径約二・五センチメートルの半球形で四稜(りょう)がある。材は建築・船舶用。樹皮・葉は解熱薬に使われ、また、葉を蒸留してユーカリ油を製する。なお、ユーカリ属にはおよそ五〇〇種あり、大部分がオーストラリアに生える。街路樹、用材、製油用等に植栽され、日本には十数種が移入されている。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ユーカリ
《〈ラテン〉Eucalyptusから》ユーカリノキ別名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユーカリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユーカリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation