@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユーディット【ゆーでぃっと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユーディット
ゆーでぃっと
Judith

ドイツの劇作家ヘッベルの処女作。五幕悲劇。1840年初演。尊敬するシラーの『オルレアンの乙女』(1801)の祖国愛と敵将への愛との相克という主題に刺激を受け、『旧約聖書』外典の「ユディト書」を材料に、近代女性の自我の目覚めの問題を盛り込んだ作品。美女ユーディットは、バビロニアの梟雄(きょうゆう)ホロフェルネスの軍勢に包囲された故郷の地ベトゥーリアを救うべく敵陣に乗り込む。彼女は神のお告げの実現と思い込んでいたが、敵将の寝首をかいたあと、真の動機は自分の秘められた情欲と、自分の誇りを傷つけた男への復讐(ふくしゅう)であったと思い知らされ、自我の深淵(しんえん)の前に立ちすくむ。

[谷口 茂]

『吹田順助訳『ユーディット』(1932・春陽堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ユーディット(〈ドイツ〉Judith)
ヘッベルの処女戯曲。5幕の悲劇。旧約聖書外典のユディト書を題材とする。1840年初演。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユーディット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユーディットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation