@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヨウ化水銀【ヨウかすいぎん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨウ化水銀
ヨウかすいぎん
mercury iodide
(1) 二ヨウ化二水銀 (I) ,ヨウ化第一水銀 化学式 Hg2I2 。鮮黄色の結晶。光に当てると黒変するか,あるいは緑色を帯びる。比重 7.70,融点 290℃ (一部分解) 。水,アルコールに不溶。劇薬。 (2) ヨウ化水銀 (II) ,ヨウ化第二水銀 化学式 HgI2 。緋赤色の粉末。 130℃で黄色,冷却すると赤色となる。猛毒。比重 6.28,融点 259℃。一般に水に難溶であるが,ヨウ化水銀とヨウ化カリウムの複塩 K2HgI4・2H2O は水,アルコールに易溶である。これを水酸化カリウムの溶液に溶かしたものはネスラー試薬といわれ,アンモニアの検出剤として重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヨウ化水銀
ようかすいぎん
mercury iodide

水銀とヨウ素の化合物。一価および二価の化合物が知られている。

(1)ヨウ化水銀(Ⅰ) 黄色ヨード汞(こう)ともいう。化学式Hg2I2、式量655.0。黄緑色粉末。硝酸水銀(Ⅰ)水溶液にヨウ化カリウム水溶液を加えるか、エタノール(エチルアルコール)中でヨウ素と水銀を練り合わせて得られる。[I-Hg-Hg-I]のような分子がある。ヨウ化カリウム水溶液を加えると次のように不均化して、溶けると同時に水銀を析出して黒色となる。

Hg2I2+2KI―→K2[HgI4]+Hg
 水にほとんど不溶。エタノール、エーテルに不溶。アンモニア水に溶ける。医薬品として用いられることがあるが、ヨウ化カリウムを併用してはいけない。

(2)ヨウ化水銀(Ⅱ) 化学式HgI2、式量454.4。赤色結晶。この赤色のものは常温で安定であるが、熱すると126℃で黄色のものに変わる。水に難溶、熱無水エタノールにはかなり溶ける(25℃, 1.8g/100g)。エーテル、アセトンに不溶、チオ硫酸ナトリウム水溶液に可溶。126℃以上に熱して得られる黄色のものは、黄色ヨウ化水銀とよばれ、黄色斜方晶系微結晶である。融点259℃、沸点354℃。比重6.271。ヨウ化カリウム水溶液でヨード水銀(Ⅱ)錯塩をつくる。

[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヨウ化水銀
ヨウカスイギン
mercury iodide

】ヨウ化水銀(Ⅰ):Hg2I2(654.99).冷却した硝酸水銀(Ⅰ)水溶液にヨウ化カリウム水溶液を加えると,黄色の正方晶系の粉末として得られる.密度7.7 g cm-3.融点290 ℃.光により分解してHgとHgI2になりやすい.水に不溶.医薬品(外用薬)として用いられる.劇薬.[CAS 15385-57-6]【】ヨウ化水銀(Ⅱ):HgI2(454.40).硝酸水銀(Ⅱ)水溶液にヨウ化アルカリを加えると得られる.塩化水銀(Ⅱ)水溶液にヨウ化アルカリを加えてもよい.最初黄色形のHgI2が生じ,すぐに赤色形にかわる.赤色形(正方晶系)が常温では安定で,127 ℃ で黄色形(斜方晶系)に転移する.赤色形は密度6.28 g cm-3.黄色形は密度6.27 g cm-3.融点253 ℃,沸点349 ℃.水にほとんど不溶,エタノールに微溶.ヨウ化アルカリ水溶液には[HgI42-]になって溶ける.ネスラー試薬,マイヤー試薬,写真増感剤,分析試薬,医薬品(軟膏)などに用いられる.毒物.[CAS 7774-29-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨウ化水銀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨウ化水銀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation