@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヨウ素【ヨウそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨウ素
ヨウそ
iodine
元素記号I,原子番号 53,原子量 126.90447。周期表 17族,ハロゲンの1つ。地殻存在量 0.5ppm,海水中の存在量 0.05 mg/l 。海水中では I- と IO3- の形で,ほぼ1:1の割合で存在している。資源としてはチリ硝石 (ヨウ素酸塩として1%) および海藻がおもなものである。単体は二原子分子 I2 で,非金属。黒紫色,金属光沢のある結晶で,特異臭がある。比重 4.93,融点 113.5℃。容易に昇華する。蒸気は紫色を呈し,腐食性が強い。四塩化炭素,二硫化炭素に溶け紫色を,水,アルコールにいくぶん溶け褐色を呈する。化学作用は塩素,臭素に似ているが,はるかに弱い。デンプンと作用すると特有の深青色を呈する (ヨウ素デンプン反応) 。ヨウ素は脊椎動物には必須元素である。医薬品の製造,無機・有機ヨウ素化合物の製造,分析試薬などとして用いられる。 1811年 B.クールトアにより海藻灰の中から発見された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

ヨウ素
海藻に多く含まれ、体の成長や発達にかかわる甲状腺ホルモンを作る。慢性的に不足すると甲状腺肥大や甲状腺腫を招くうえ、妊娠中のヨウ素欠乏は死産流産胎児甲状腺機能低下を引き起こす可能性がある。ヨウ素不足の人が過剰に摂取しても、甲状腺機能の低下を招く危険があるという。
(2010-06-01 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

栄養・生化学辞典

ヨウ素
 原子番号53,原子量126.90447,元素記号I,17族(旧VIIb族)の元素.ハロゲン元素の一つで,微量必須元素の一つ.甲状腺ホルモンであるトリヨードチロニン,テトラヨードチロニン(チロキシン)の活性に必須な元素.欠乏すると甲状腺肥大,基礎代謝の低下などを起こす.第六次改定日本人の栄養所要量では12歳以上の男女で1日150μgとされている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

毛髪用語集

ヨウ素
ヨード、沃度とも言う。甲状腺ホルモンの成分として成長や発育促進する。成長期には大変重要なミネラルである。また、脂質タンパク質糖質の各代謝を促進させ、余分な体脂肪を燃焼肥満を防ぐ働きをする。乳癌の成長を抑制するミネラルとしても知られている。

出典:抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」
copyright(C) 抜け毛・薄毛対策サイト「ふさふさネット」 All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典

ようそ【ヨウ素】
微量ミネラルの一種。交感神経を刺激して糖質脂質たんぱく質の代謝を促す甲状腺ホルモンの構成成分。海藻類、魚介類、肉類などに多く含まれる。体内にあるヨウ素の3分の2は甲状腺に蓄積され、残りは血液などに存在して基礎代謝の活性化や発育の促進など重要な役割を担うほか、健康な皮膚・髪・爪の構成、余分な体脂肪の燃焼、心臓の働きの強化などの作用をもつ。◇「ヨード」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヨウ素
ようそ
iodine
周期表第17族に属し、ハロゲン元素の一つ。俗称ヨード。1811年フランスのクールトアが海藻灰の浸出液から各種の塩を除いた母液に過剰の硫酸を加えたところ、赤紫色蒸気が発生した。これを冷却して暗紫色の結晶が得られたが、彼はこれを新しい元素であると考えた。1813年フランスのゲイ・リュサックおよびイギリスのH・デービーがこのことを確かめ、その蒸気が紫色であることから、ギリシア語で「すみれ色」を意味するiodesにちなんで命名された。[守永健一・中原勝儼]

存在と製法

天然に遊離の状態では存在せず、海藻、海産動物中に有機化合物として含まれるほか、海水および地下鹹水(かんすい)中に微量含まれ、チリ硝石中にヨウ素酸塩(約0.05~0.3%)として含まれる。生体に必須(ひっす)の元素の一つである。たとえばヨウ化物イオンとしての存在量は、海生植物中30~1500ppm、陸生植物中0.42ppm、海生動物中1~150ppm、陸生動物中0.43ppm、哺乳(ほにゅう)動物の血液中0.063ppmである。海藻灰にヨウ化カリウムとして含まれるので、古くはこれに硫酸と二酸化マンガンを加えてつくった。日本では工業的に、ヨウ化物を多く含む地下鹹水(たとえば房総半島の地下鹹水中には80~130ppm含まれている)を塩素により酸化してからイオン交換樹脂に吸着させる、あるいは塩素を吹き込んで分子状ヨウ素とし、放散して析出させるブローイングアウト法などが行われている。また、チリでは、チリ硝石中に含まれるヨウ素酸ナトリウムNaIO3その他を、亜硫酸水素ナトリウムNaHSO3で還元してつくっている。[守永健一・中原勝儼]

性質と用途

常温で金属光沢のある黒紫色の結晶。結晶はI2からなる分子格子で、熱すると紫色の蒸気となって昇華する。気体は二原子分子I2からなり、I-Iの結合の長さは2.667オングストローム(Å)。特異臭がある。化学的反応性は臭素よりさらに弱い。水素とは高温で、とくに白金触媒の存在下で反応する。水にはわずかしか溶けないが(100グラムに0.34グラム溶ける:25℃)、ヨウ化カリウムの水溶液によく溶ける(褐色)。たとえば100グラムの水に100グラムのヨウ化カリウムを溶かした水溶液には153グラムのヨウ素が溶ける。
  I-+I2I3-
四塩化炭素やクロロホルムに溶けて紫色、ベンゼン(100グラムに13.83グラム溶ける)、トルエンで赤色、エタノール(エチルアルコール)(100グラムに24.55グラム溶ける)やエーテル(100グラムに35.1グラム溶ける)、アセトンに溶けて赤褐色となる。デンプン溶液を加えると、濃青色のヨウ素デンプン反応を示す。
 ヨウ素化合物の製造、ヨードチンキ(ヨウ素のエタノール溶液)やヨードホルムCHI3などの医薬品の製造、分析化学におけるヨウ素滴定の試薬として用いられる。劇薬(許容濃度0.1ppm)であるため、密閉された容器に貯蔵するなど注意を要する。ヨウ素は脊椎(せきつい)動物には必須であり、無脊椎動物、高等植物、藻類などでも必須元素であることが示されているものがある。また人体では平均含有量1ppmで元素中第20位。[守永健一・中原勝儼]

人体とヨウ素

人体にヨウ素は約15ミリグラム含まれるが、その70~80%が甲状腺(せん)に存在している。甲状腺ホルモンのチロキシンの構成成分として重要である。甲状腺ホルモンは糖質、脂質、タンパク質の代謝を亢進(こうしん)し、発育や骨形成にも関係している。ヨウ素が不足すると甲状腺腫(しゅ)やクレチン症をおこし、甲状腺ホルモンの生理作用が阻害されるので、肥満、疲労、代謝低下が生じる。ヨウ素は海産食品に多く含まれ、海に近い所では水、野菜からもとれるので不足することはない。しかし、大陸内部、山岳部では欠乏症がみられる。そのため、アメリカなどでは食塩にヨウ素を添加したものが出回っている。一方、コンブの多食などによる過剰症として甲状腺腫や甲状腺機能亢進症がある。食事からとるべき量については、「日本人の食事摂取基準」(厚生労働省)により、目安量や摂取量、および過剰摂取による健康障害のリスクを下げるための上限量が設定されている。[河野友美・山口米子]
『松岡敬一郎著『ヨウ素綜説』増補改訂(1992・霞ケ関出版) ▽糸川嘉則編『ミネラルの事典』(2003・朝倉書店) ▽菱田明・佐々木敏監修『日本人の食事摂取基準2015年版――厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書』(2014・第一出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ヨウ素
ヨウソ
iodine

I.原子番号53の元素.電子配置[Kr]4d105s25p5の周期表17族非金属元素.原子量126.90447(3).ハロゲン元素の一つ.安定核種が質量数127の同位体のみの単核種元素.ほかに質量数108~143の放射性同位体がある.1811年,ナポレオン戦争の時代に,フランスの火薬製造業者B. Courtoisが,火薬製造過程で海藻灰の硫酸処理の際に,紫色の蒸気が発生することを見いだした.この試料は,フランスの化学者C.B. Desormes,N. Clément,J.L. Gay-Lussac(ゲイ-リュサック),A.M. Ampèreに引き継がれ,さらにイギリスのH. Davy(デイビー)の手にも渡った.かれらはこの蒸気が新元素であることを認め,1813年,Decormes,ClémentとDavyは別々にCourtoisの新元素の発見を発表した.英語元素名iodineはDavyの命名で,ギリシア語の“紫色の”ιοειδη(ioeidès)からとられた.1814年,Gay-Lussacはiodeと命名し,現在のフランス語元素名となっている.蘭学者・宇田川榕菴の「舎密開宗」(1837年)には伊阿冑母(イオチウム),ケルフ・ストフと記載されている.
チリ硝石中にヨウ素酸塩として,海藻,動物,植物中に有機化合物として含まれ,また油田,ガス田のかん水,ほ乳動物の甲状せんホルモンにも含まれる.地殻中における存在度は0.5 ppm(地殻深度20マイルまでの存在度).工業的にはかん水中のヨウ化物の塩素ガスによる酸化,チリ硝石中のヨウ素酸塩の還元などにより製造される.千葉県などの南関東天然ガス田のかん水はヨウ素濃度が高く,わが国は2007年の生産量,埋蔵量ともにチリの60% につぐ33% の世界第2位のヨウ素資源国である.単体は二原子分子よりなる.金属光沢のある濃紫色斜方晶.揮発性で特異臭をもつ.密度4.93 g cm-3(20 ℃).融点113.5 ℃,沸点184.3 ℃.第一イオン化エネルギー10.451 eV.I のイオン半径0.206 nm.融点付近では蒸気圧が大きいので,急激に熱しないかぎり昇華する.蒸気は青紫色,液体は赤色.精製は粗製ヨウ素を水洗し乾燥後,少量のヨウ化カリウムを加えて昇華する.水に対する溶解度は0.20 g L-1(10 ℃).I が共存すると I2 は I3 となってよく溶け,NaI溶液では0 ℃ での溶解度は100 g L-1.多くの有機溶媒に溶け,溶液の色は溶媒により異なり,濃硫酸,二硫化炭素,四塩化炭素,石油エーテルなどでは紫色,濃硝酸,濃塩酸,ベンゼン,トルエンなどでは赤色,水,エタノール,エーテル,アセトン,酢酸などでは褐色である.-1の酸化数をとるのが普通であるが,1,3,5,7の化合物も知られている(例:KI,ICl,ICl3,IF5,Na5IO6).化学作用は塩素,臭素に似ているがそれよりは弱い.水素とは白金触媒存在下高温で反応し,HIを生じる.酸素とは反応しないが,オゾンとは反応する.F2,Cl2,Br2 と反応してそれぞれフッ化物,塩化物,臭化物をつくる.SやPとはげしく反応し,多くの金属と室温または高温で反応する.多くの酸化剤により酸化されてヨウ素酸に,また多くの還元剤により還元されてヨウ化水素またはヨウ化物になる.
デンプンと作用して深青色を呈し,I2 やデンプンの検出に利用される(ヨウ素デンプン反応).X線用造影剤,薬品,ヨードチンキその他の殺菌用医薬品,防かび剤,反応触媒,飼料添加剤,除草剤などに使用される.近年の最重要用途は,液晶ディスプレイ用偏光フィルムで,テレビジョンの薄型化に合わせて需要が増加している.ヨウ素は毒物及び劇物取締法の劇物.労働安全衛生法・政令名称沃素として「名称等を通知すべき危険物及び有害物質」に指定されている.[CAS 7553-56-2]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨウ素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨウ素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation