@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヨハネス(23世)(ピサ選立教皇)【よはねす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヨハネス(23世)(ピサ選立教皇)
よはねす
Johannes ⅩⅩⅢ
(1370―1419)

「教会大分裂」の三教皇鼎立(ていりつ)(ローマ、アビニョン、ピサ)時代のピサ選立教皇(在位1410~1415)。バルダサーレ・コッサBaldassare Cossaが俗名。ドイツのジギスムント王が招集したコンスタンツ公会議(1414~1418)に彼は同意したが、その野心と所業を非難する者が多く、この会議中逃亡した。公会議はヨハネス23世を裁判にかけ、1415年有罪として廃位が決定した。1418年までドイツに抑留、赦免された翌1419年死去した。

[磯見辰典 2017年12月12日]

『H・テュヒレ他著、上智大学中世思想研究所編訳『キリスト教史 第4巻』新装版(1991・講談社/改訂版・平凡社ライブラリー)』『鈴木宣明著『ローマ教皇史』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス(23世)(ピサ選立教皇)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス(23世)(ピサ選立教皇)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation