@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヨハネス17世(18世)【ヨハネスじゅうななせい[じゅうはっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨハネス17世(18世)
ヨハネスじゅうななせい[じゅうはっせい]
Johannes XVII (XVIII)
[生]?. ローマ
[没]1003.12.6.
ローマ出身の第140代教皇在位 1003.6.~12.)。本名 Giovanni Siccone。ローマ貴族ヨハネス・クレスケンチウス3世の指名を受け,教皇シルウェステル2世(在位 999~1003)の後継者として登位した。当時ローマで最も有力な貴族クレスケンチウス家の親戚であり,その傀儡にすぎなかった。スラブ人に対する布教活動を承認した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス17世(18世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス17世(18世)の関連情報

関連キーワード

シルウェステル2世ヨハネス18世(19世)酒田大火和泉式部日記寂照増賀ソウルグラナダ安海禔子内親王

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation