@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヨハネス19世(20世)【ヨハネスじゅうきゅうせい[にじっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨハネス19世(20世)
ヨハネスじゅうきゅうせい[にじっせい]
Johannes XIX (XX)
[生]?
[没]1032.11./1032.12.
第144代教皇在位 1024~32)。本名 Romano。クレスケンチウス家に代わってローマの支配権を握った有力貴族,ツスクルム家の出身。1024年に兄の教皇ベネディクツス8世(在位 1012~24)のあとを継いで登位したときは世俗の一般信者であり,教皇座を贈賄で獲得したと非難された。1027年の復活祭で,ドイツ王コンラート2世(在位 1024~39)を神聖ローマ皇帝として戴冠したが,コンラート2世はローマ以外の地域で聖職にかかわる実権を握ることになった。貪欲で,教皇に適任ではなかったと一般的に評価されており,金銭と引き換えにコンスタンチノープル総大主教の承認に同意し,民衆の反対を受け撤回したという記録が残されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨハネス19世(20世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨハネス19世(20世)の関連情報

関連キーワード

李元昊李元昊個人情報流出と企業のネット管理全国の待機児童殺人事件数の推移オノン川小右記増誉程顥

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation