@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヨーロッパ防衛共同体【ヨーロッパぼうえいきょうどうたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヨーロッパ防衛共同体
ヨーロッパぼうえいきょうどうたい
European Defense Community; EDC
東西冷戦下の西ヨーロッパの安全保障は,アメリカとその軍事力を中核とした NATO (北大西洋条約機構) がになってきたが,ECの設立当初にはヨーロッパ独自の防衛共同体構想があった。しかし,同構想は統合参謀本部による軍の一体運用にとどまらず,ヨーロッパ統合一環として立法権を付与した特殊な機構とする考えだったため,国家主権縮小を懸念するドゴール・フランス大統領が反対,フランス議会で 1954年に否決され立消えになった。しかし,冷戦構造の崩壊に伴い再評価され,91年末のヨーロッパ理事会はヨーロッパ連合 (EU) を軸に共同防衛構想を具体化させることにしており,NATOとの関係が微妙になっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よーろっぱぼうえいきょうどうたい【ヨーロッパ防衛共同体】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ヨーロッパ‐ぼうえいきょうどうたい ‥バウヱイキョウドウタイ【ヨーロッパ防衛共同体】
(European Defense Community の訳語) 西ヨーロッパ防衛を目的とする超国家的な国際軍事機構。一九五二年、フランス・旧西ドイツ・イタリア・ベネルックス三国の間に締結された条約によって構想されたが、フランス議会が批准を拒否したため未発効となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ヨーロッパ防衛共同体
ヨーロッパぼうえいきょうどうたい
European Defence Community
1952年5月,フランス・西ドイツイタリアベルギーオランダルクセンブルクの6か国が結成をめざした軍事共同体。略称EDC
1950年6月朝鮮戦争の勃発によって脅威を感じた西側諸国は,ソ連に対抗するため,西ドイツに再軍備をさせて西ヨーロッパ統一軍を結成することの必要性を痛感し,52年2月に北大西洋条約機構(NATO)の承認を得,同年5月ヨーロッパ防衛共同体条約に調印した。しかし,1954年8月に西ドイツの再軍備を恐れるフランスの議会が条約の批准を拒否したため,この計画は実現せず,西ヨーロッパ連合WEU)に受けつがれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨーロッパ防衛共同体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヨーロッパ防衛共同体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation