@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ライ【らい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライ(Satyajit Ray)
らい
Satyajit Ray
(1921―1992)
インドの映画監督。文学者を父にカルカッタ(現、コルカタ)に生まれる。絵画を学び広告会社の美術部に勤務、社用で渡英の際『自転車泥棒』を見て感動した。また『河』のインド・ロケでジャン・ルノアール監督に会って奮起し、私財を注ぎ込んで『大地のうた』(1955)を発表、これがカンヌ国際映画祭で受賞し世界の注目を集めた。続いて『大河のうた』(1956)、『大樹のうた』(1959)と三部作を完成。さらに『大都会』(1963)、『チャルラータ』(1964)、『遠い雷鳴』(1973)の三作がいずれもベルリン映画祭で受賞、以降も『チェスをする人』(1977)、『家と世界』(1984)などを発表した。これらの作品は、インド独自の題材によりヒューマンなテーマと詩的な写実表現で高く評価される。[登川直樹]

資料 監督作品一覧

大地のうた Pather Panchali(1955)
大河のうた Aparajito(1956)
大樹のうた Apur Sansar(1958)
詩聖タゴール Rabindranath Tagore(1961)
大都会 Mahanagar(1963)
チャルラータ Charulata(1964)
株式会社 ザ・カンパニー Seemabaddha(1972)
遠い雷鳴 Ashani Sanket(1973)
ミドルマン Jana Aranya(1975)
チェスをする人 Shatranj Ke Khilari(1977)
ピクー Pikoor Diary(1981)
遠い道 Sadgati(1981)
家と世界 Ghare-Baire(1984)
見知らぬ人 Agantuk(1991)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation