@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ライシャワー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ライシャワー
Reischauer, August Karl
[生]1879.9.4.
[没]1971.7.10. カリフォルニア
アメリカ長老派教会宣教師。 E.ライシャワーの父。 1905年に来日して明治学院,日本神学校で教え,東京女子大学,日本聾話学校の創立に尽力し,東京女子大学の常務理事をつとめた。仏教の研究家としても知られる。 41年に帰国してからはニューヨークのユニオン神学大学で宗教史を講じた。主著『人格不死論』 (10) ,"Studiesin Japanese Buddhism" (17) ,"The Task in Japan" (25) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライシャワー
Reischauer, Edwin Oldfather
[生]1910.10.15. 東京
[没]1990.9.1. カリフォルニア,ロヨラ
アメリカの歴史学者。長老派教会宣教師で仏教研究家の A.ライシャワーの子として生れ,16歳まで日本で過した。 1931年オバーリン大学を卒業し,32年日本および中国の歴史と文化を研究してハーバード大学で修士号を取得。 33~38年パリ,日本などに留学。 39年慈覚大師円仁の研究でハーバード大学から博士号を取得。同大学で教鞭をとり (1939~42講師,46~50助教授,50~60,66~81教授) ,その間第2次世界大戦中の 43~45年国防省,45~46年国務省などに勤務。 56~61年ハーバード=燕京研究所所長などを経て,61~66年日本駐在大使となり,学者大使として日米親善に貢献。 66年ハーバード大学に復職し,70年前記所長に再任,知日派として日米関係を論じている。日本の近代化,特に「近代化理論」をめぐる論争を引起したことは有名。著書に『日本-過去と現在』 Japan,Past and Present (1946) ,『ライシャワーの見た日本』 The United States and Japan (50) ,『ザ・ジャパニーズ』 The Japanese (79) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ライシャワー(Edwin Oldfather Reischaur)
[1910~1990]米国の歴史学者。東京の生まれ。ハーバード大学教授。第二次大戦中から米国の対日政策立案に参与。1961~66年(昭和36~41)駐日大使。「日本―過去と現在」「米国と日本」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ライシャワー Reischauer, Edwin Oldfather
1910-1990 アメリカの外交官,東洋学者。
明治43年10月15日東京生まれ。A.ライシャワーの次男。R.ライシャワーの弟。妻はハル=ライシャワー。16歳の時に帰国し,ハーバード大で東洋史をまなび,中国,フランス,日本などに留学。第二次大戦中は国務省などで対日関連の仕事につく。戦後,ハーバード大教授,昭和36年駐日大使。1990年9月1日死去。79歳。著作に「ザ・ジャパニーズ」。
格言など】日本の民主主義の根は深く,将来は明るい

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ライシャワー Reischauer, Robert Karl
1907-1937 アメリカの教育者,日本古代史研究家。
明治40年5月14日東京で生まれる。A.ライシャワーの長男。E.ライシャワーのアメリカで教育をうける。昭和7-9年東京女子大でおしえ,のちプリンストン大教授。1937年12月中国視察中に上海で事故死。30歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ライシャワー Reischauer, August Karl
1879-1971 アメリカの宣教師。
1879年9月4日生まれ。R.ライシャワー,E.ライシャワーの父。明治38年(1905)長老派教会から派遣され来日,明治学院でおしえる。東京女子大,日本聾話(ろうわ)学校の創立につくし,女子学院院長をつとめた。日本仏教の研究者としても知られた。昭和16年帰国。1971年7月10日死去。91歳。イリノイ州出身。マコーミック神学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ライシャワー【August Karl Reischauer】
1879‐1971
アメリカの長老教会宣教師。1905年来日,明治学院,日本神学校で教えたほか,18年東京女子大学の創立を推進,常務理事として女子高等教育の普及に努めた。また,日本聾啞学校の設立にあずかったことも注目される。41年帰国,ユニオン神学校で宗教史を講義した。日本文化,特に《往生要集》の翻訳など日本仏教の研究者として著名。東京都名誉都民。著書には《人格不死論》(1911),《日本仏教の研究》(1917)などがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ライシャワー【Edwin O.Reischauer】
1910‐90
アメリカの歴史研究者・外交官。A.K.ライシャワーの次男として東京に生まれる。オバーリン大学卒業後,1939年ハーバード大学で博士号取得。第2次大戦中は日本研究の専門家として国務省,陸軍省に動員され,情報部門の仕事に従事する一方戦後日本占領政策に影響を与える作業に携わった。大戦後46年にハーバード大学に戻り,50年に教授。アメリカの日本研究のレベルアップと組織化に貢献。その後61年(昭和36),ケネディ大統領の要請で駐日大使となり,教育文化,貿易経済,安保を通じて〈対等〉を原則とする日米新時代のを築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライシャワー
らいしゃわー
Edwin Oldfather Reischauer
(1910―1990)

アメリカの学者、外交官。宣教師の子として東京に生まれる。ハーバード大学で中国と日本の歴史を学び、1933~1938年にフランス、日本、中国などへ留学。帰国後、ハーバード大学極東言語学部講師。第二次世界大戦中は、国務省と陸軍省で対日関係の仕事に従事。大戦直後、国務省極東部長特別補佐官に就任。1946年ハーバードに戻り、1950年から1981年まで、駐日大使(1961~1966)の時期を除き、同大学教授。この間、アメリカにおける日本研究の推進に多大な貢献をなした。日本の急速な近代化過程に着眼して、近代化論の立場から日本研究の枠組みを提示し、とくに1960年代の欧米の日本研究に大きな影響を及ぼした。また駐日大使在任中は、「イコール・パートナーシップ」を力説し、安保闘争後の新たな日米関係の構築に努力した。

[藤本 博]

『ライシャワー著、國弘正雄訳『ザ・ジャパニーズ』(1979・文芸春秋)』『ライシャワー著、大谷堅志郎訳『日本への自叙伝』(1982・日本放送出版協会)』『ライシャワー著、徳岡孝夫訳『ライシャワー自伝』(1987・文芸春秋)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライシャワー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライシャワーの関連情報

関連キーワード

マズローベトナム戦争史(年表)ボアボードランおもなお雇い外国人阿賀野川水銀中毒事件周恩来シーゲル立木義浩寺村輝夫

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation