@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ライネ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ライネ Rhyne, Willem ten
1647-1700 オランダの医師。
ライデン大にまなび,延宝2年(1674)長崎の出島商館医として来日。岩永宗故と医学問答をおこない,その記録が嵐山甫安の「蕃国治方類聚(ばんこくちほうるいじゅ)」にのこる。日本の痛風治療と鍼灸(しんきゅう)術を研究して「関節炎論」を刊行し,茶の木,樟(くすのき)を西洋に紹介した。1700年6月1日バタビア(現ジャカルタ)で死去。53歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライネ
らいね
Willem ten Rhijne
(1647―1700)
オランダの医師。デーフェンテルで生まれる。ライデン大学で医学教育を受け、医師となった。東インド会社の医師に任命され、1674年バタビアに赴任し、同年、長崎に渡来し、重病の将軍徳川家綱を診察、治療した。彼は鍼(はり)や灸(きゅう)について記載刊行した最初の西欧医師であった。日本からバタビアに帰ったのち、植物学に没頭し、いくつかの新種の植物を発見した。バタビアで死去。[中山 沃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライネ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライネの関連情報

関連キーワード

ラマッツィニクレメンス11世フリース阿部正次山之井カバリエリストーンマザニエッロ宗因ダス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation