@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ライプツィヒ討論【らいぷつぃひとうろん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライプツィヒ討論
らいぷつぃひとうろん
Leipziger Disputation ドイツ語

1519年6月末から7月なかばにかけて、ライプツィヒにおいて、ザクセン公ゲオルクの計らいにより、宗教改革者ルターとその論敵で神学者のエックとの間で行われた公開討論。もともとは『九十五か条の論題』をめぐり、有力な教皇主義者のエックと、ウィッテンベルク大学でのルターの同僚カールシュタットとの間で交わされる教義論争のはずであったが、討論の後半は、もっぱら教皇の首位権という根本問題に関する、ルターとエックとの応酬となった。その際、エックの誘導により、ルターが、1世紀前のコンスタンツ公会議で焚刑(ふんけい)に処せられたフスの教えのなかに正しい福音(ふくいん)的なものが含まれていること、教皇も公会議も過ちを犯しうることを明言したため、ルターの「異端的」立場は公然たるものとなった。

[成瀬 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライプツィヒ討論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライプツィヒ討論の関連情報

関連キーワード

マクシミリアン[1世]マクシミリアン1世マクシミリアンムルナーシャンボール城マクシミリアン1世メディチ家コムニダーデスの乱コルテス(Hernán Cortéz)園比屋武御嶽

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation