@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ライマメ【らいまめ】

世界大百科事典 第2版

らいまめ【ライマメ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ライマメ
らいまめ / 莱豆
[学] Phaseolus lunatus L.

マメ科(APG分類:マメ科)の多年生つる草。ライマビーン、アオイマメともいう。草姿はインゲンマメに似ており、つるなしの品種もある。夏に葉腋(ようえき)から花枝を出し、普通は白色の蝶形花(ちょうけいか)を10個ほどつける。莢(さや)は三日月形で扁平(へんぺい)。中に3、4粒の、直径1.5~2センチメートル、扁平、白色の種子(豆)が入っている。豆の色は品種により赤、黒、まだら紋様などさまざまのものがある。豆が大形の系統(大粒ライマメ)と小形の系統(小粒ライマメ)がある。大粒ライマメはペルーのアンデス山地東部が原産地で、紀元前3300~前2500年に栽培化されたと考えられ、小粒ライマメはメキシコ南部が原産で、前1世紀ころに作物化されたとみられ、両系統は別個に栽培が始められたと推定されている。16世紀にペルーのリマ港から初めてヨーロッパに伝えられたのでlima beanとよばれ、その英語音のままライマ豆がなまってライマメの名となり、また意訳から月豆(げっとう)の名がついた。日本には江戸時代に初めて伝来し、また明治時代に北海道に導入されたが、ほとんど普及していない。なお日本では春に播種(はしゅ)し、秋には霜で枯れて一年生となる。

[星川清親 2019年11月20日]

利用

完熟した豆にはファセオルナチンや青酸が含まれるので、食べると中毒する。このためあらかじめ一晩水に浸(つ)けてからよくゆでて、何回も水を取り替えてから食用とする。中毒を防ぐため、アメリカでは青酸100ppmを危険限度として定められている。若莢は煮ると淡い甘味があり、美味でシュガービーンsugar beanとよばれている。日本にも輸入され、煮豆や餡(あん)の増量に用いられている。また未熟青豆は缶詰あるいは冷凍加工されて、煮込みや塩ゆでなどの料理に用いられる。

[星川清親 2019年11月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライマメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライマメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation