@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラインラント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラインラント
Rheinland
ライン川に沿うドイツ西部の地名。歴史上,幾度となくドイツ,フランスの紛争の焦点となった。 10世紀頃には大小多数の諸侯が割拠し,神聖ローマ帝国成立後も,これら諸侯の分割支配下にあった。三十年戦争を終結させたウェストファリアの講和の結果,南部のアルザスはフランス領となった。ヨーロッパを制覇したナポレオン1世は,ライン川左岸をフランス領とし,西部ドイツの諸侯国をまとめてライン同盟をつくってその保護下においたが,ウィーン会議の結果,ドイツの工業先進地帯である北部ラインラントはプロシア領となり,普仏戦争の結果すべてのラインラントがドイツ帝国領となった。第1次世界大戦後,ベルサイユ条約は,エルザスロートリンゲン (アルザス=ロレーヌ) のフランスへの帰属,ライン川左岸の保障占領,ライン川右岸 50km以内の非武装化を定めた (→ラインラント帰属問題 ) 。 1925年ロカルノ条約によって再度永久武装禁止が保障されたが,33年政権を握ったナチスは,36年フランスとソ連の相互援助条約を機に,ドイツの安全保障という口実のもとにドイツ軍をラインラントに進駐させた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラインラント(Rheinland)
ドイツ西部のライン川中流の地方。ノルトライン‐ウェストファーレン州ラインラント‐プファルツ州に属す。もとプロイセン領ライン州。古来商工業発達し、近代にルール地方を中心に工業も発達。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ラインラント
《Rheinland》ドイツ海軍の戦艦。ナッサウ級。1908年進水、1910年就役の弩級戦艦。1916年のユトランド沖海戦に参加。1919年除籍、1921年解体。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラインラント【Rheinland】
ライン川に沿うドイツの地域名。ラインランデRheinlandeがスイスからオランダ国境までのライン川両岸のドイツ領の総称であるのに対し,ラインラントはそれからライン川上流地域(オーバーラインOberrhein)を除く中流地域(ミッテルラインMittelrhein)と下流地域(ニーダーラインNiederrhein)の歴史的呼称であり,狭義には1824年にプロイセンにより創設され45年まで存続したライン州Rheinprovinzをさす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラインラント
らいんらんと
Rheinland

広義ではドイツのライン川両岸地域、狭義では旧プロイセン領ライン州をさす。紀元前1世紀からローマの支配下に入り、紀元後3世紀以降はゲルマン系のフランク人が移住、西ローマ帝国滅亡後、フランク王国の一部となった。9世紀にフランク王国が東西に分裂すると、東フランクに属し、ドイツ的要素を強めた。14世紀以降、多数の諸侯国に分かれ、そのなかにはケルン、トリール、マインツの大司教など有力な宗教諸侯がいた。17世紀初め、プロイセンがここに領土を得、またフランスもライン左岸への領土的野心を示し、フランス革命後、ナポレオンのもとでライン左岸はフランス領になった。しかし1815年ウィーン会議はこの地域をプロイセンに与え、24年プロイセン領ライン州成立。ここは早くから商工業の発達が目覚ましかったが、19世紀に産業革命とともに、ルール地方を中心にドイツ経済の心臓部となった。第一次世界大戦後、この地域の一部は連合軍によって占領され、また非武装地域に指定されるなど、国際対立の争点となった。1936年ヒトラーはここに軍隊を入れ、ベルサイユ体制を崩壊させた。第二次世界大戦後はフランス、イギリス、アメリカ3国によって分割統治され、現在はドイツのノルトライン・ウェストファーレン州およびラインラント・プファルツ州のそれぞれ一部になっている。

[木谷 勤]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラインラント
(Rheinland)
[一] ライン川両岸一帯の称。
[二] 旧プロイセン領ライン州。ドイツ中西部のライン川沿岸地方で、工業地帯が発達。フランスとの係争地であったが、一九四六年ノルトライン‐ウエストファーレン州およびラインラント‐ファルツ州に分割編入された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ラインラント
Rheinland
ドイツ連邦共和国のライン川西岸の地帯
フランス・ベルギーと接するザール・ルール両地方を含み,主要工業地域であるとともに,ドイツ・フランス間の歴史的係争地。ウィーン会議後プロイセン領,第一次世界大戦後のヴェルサイユ条約で非武装地帯となり,1925年のロカルノ条約で再確認された。ところが,再軍備したナチス−ドイツは1936年ラインラントへ進駐し,第二次世界大戦後は一時フランスの占領下に置かれた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラインラント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラインラントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation