@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ライ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ライ
Lay, Wilhelm August
[生]1862.7.30. ブライスガウ
[没]1926.5.9. カルルスルーエ
ドイツの教育学者,実験教育学の創始者。教育における子供の意志とその表現としての行動を重視する「行動学校」を主唱し,労働学校運動にも参加した。主著『実験教授学』 Experimentelle Didaktik (1903) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ
Ray, Satyajit
[生]1921.5.2. カルカッタ
[没]1992.4.23. カルカッタ
インドの映画監督。 1955年に発表した処女作『大地のうた』 Pather Panchaliで一躍有名になった。主作品『大河のうた』 Aparajito (1956) 『大樹のうた』 Apur Sansar (1959) 『大都会』 Manahagar (1963) 『遠い雷鳴』 Ashani Sanket (1973) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ
Laye, Camara
[生]1928.1.1. フランス領西アフリカ,クルッサ
[没]1980.2.4. セネガル
ギニアのマリンケ族出身の小説家。フランス語で執筆。父は宝石や金の細工人,母も同業者の娘。イスラム教徒としてコーラン学校に通ったのち,首都コナクリの工業学校で学び,奨学金を得て自動車整備技師の訓練を受けるためパリに留学。3年で資金が尽き,パリの工場で働く。その間,祖国への郷愁をこめて自伝的小説『アフリカの子』L'Enfant noir(1953)を執筆。作風は心理的傾向が強く,田園牧歌的な過去への憧憬に満ちている。1955年ギニアに帰り,1958年情報省調査研究センター所長。多忙な仕事のかたわら作品を書いたが,大統領と意見が衝突して自宅監禁処分を受け,1965年に妻とともにセネガルに亡命。以後,ダカール大学のイスラム研究所の仕事に携わった。代表作は『王の栄光』Le Regard du roi(1954),『言葉の守護者』Le Maître de la parole(1978)など。(→アフリカ文学

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ライ(lie)
ゴルフで、落下したボールの静止した位置・状態。「ライが悪い」
ゴルフで、クラブヘッドのソール底部)を地上に置いた場合、クラブシャフト水平面との間にできる角度ライ角

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ(lie)
うそ。偽り。「ライディテクター(=嘘発見器)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ(rye)
ライ麦。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ(Rye)
英国イングランド南東部、イーストサセックス州の町。漆喰(しっくい)の白壁の木造家屋や煉瓦(れんが)造りの建物など、中世面影を色濃く残すほか、風景画家ターナーが数多くの作品を描いた町として知られる。12世紀創建の聖メアリー教会、13世紀にフランスの侵略から町を守るために建てられたイプラタワーがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

ライ
2000年に台風委員会により制定された台風の国際名のひとつ。台風番号、第107号。ミクロネシアによる命名ヤップ島の伝統的贈答品である石の貨幣

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ライ【lie】
ゴルフで、グリーン以外で静止した球の位置や状態。
ゴルフクラブのヘッドとシャフトの角度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ【rai】
西ヨーロッパの影響を受けたアルジェリアの音楽。伝統楽器に加えシンセサイザーなどを用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ【rye】
ライ麦の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

ライ
生年月日:1862年7月30日
ドイツの教育学者,実験教育学の創始者
1926年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ライ
〘名〙 (lie)
① ゴルフのクラブで、ヘッドとシャフトの角度をいう。
② ゴルフで、落下したの位置や状態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ
〘名〙 (rye) 「ライむぎ(━麦)」の略。〔音引正解近代新用語辞典(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ライの関連情報

関連キーワード

サイゴン条約黒住教官板バタビヤ新聞トルストイボロジン明治維新ロペスワーグナーバールセンブッセ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation