@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラウス
Rous, Francis Peyton
[生]1879.10.5. ボルティモア
[没]1970.2.16. ニューヨーク
アメリカの病理学者。 1905年ジョンズ・ホプキンズ大学医学部卒業。ミシガン大学講師を経て 09年ロックフェラー医学研究所に入り,20年研究員,45年名誉研究員。 09年ある種の家鶏の肉腫は,その腫瘍細胞を接種して移植できるだけでなく,肉腫細胞を含まないろ液を注射しても移植できることを発見した。この結果を,11年1月 21日号の『アメリカ医学会雑誌』に『無細胞ろ液による悪性新生物の伝達について』と題して発表した。このろ過性因子はその後ラウス肉腫ウイルスと命名された。これは癌とウイルスの関係を追究する現代の腫瘍ウイルス学の出発点となる画期的な研究であった。その業績で,C.ハギンズとともに 66年のノーベル生理学・医学賞を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラウス(Francis Peyton Rous)
[1879~1970]米国病理学者。ニワトリのラウス肉腫ウイルスによることを確認。(がん)のウイルス研究の先駆けとなった。1966年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラウス
らうす
Peyton Rous
(1879―1970)

アメリカの病理学者。メリーランド州ボルティモアに生まれ、ジョンズ・ホプキンズ大学で医学を学ぶ。1906~1908年ミシガン大学の病理学講師、1909年よりロックフェラー研究所(現、ロックフェラー大学)に属し、晩年に至るまでここを研究の場とした。彼の名を不朽にしたのは、ラウス肉腫(にくしゅ)ウイルスの発見(1910、1911)である。ニワトリの腫瘍(しゅよう)からつくった無細胞濾液(ろえき)の接種によって健康なニワトリに腫瘍が発生することを示したもので、今日の癌(がん)ウイルス研究の先駆けになった。この仕事は1966年ノーベル医学生理学賞によって報いられた。

[梶田 昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラウスの関連情報

関連キーワード

ボアボードランおもなお雇い外国人沼間守一ヒューズ琉球琉球処分ドンケル=クルティウスセベーリライシャワールノンドー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation