@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラオチウ【らおちう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラオチウ
らおちう / 老酒
中国産の代表的醸造(黄酒(ホワンチウ))。一般的には良質の紹興酒(シャオシンチウ)の長期間貯蔵されたものをさす。中国浙江(せっこう)省紹興(シャオシン)地方でつくられる攤飯酒(タンファンチウ)を例にとると、その醸造法はなかなか複雑である。まず蒸し糯米(もちごめ)に等量の水を加え、酒薬を混ぜてもろみ(酒母(しゅぼ)に相当する)をつくる。一方、糯米を大きな甕(かめ)に入れて水を張り、20日間以上も放置していろいろな酸発酵などをおこさせる。この糯米を蒸して掛米(かけまい)とし、浸漬(しんし)した酸臭の強い水を仕込み水に用い、さらに(きょくし)(麹(こうじ)に相当する)を加えて、もろみを混ぜ合わせる。約2か月間放置し、発酵が終わり、十分に熟成したところで、もろみを絞り、火入れをして甕に貯蔵する。複雑な発酵をおこした糯米や浸漬水を仕込みに使い、リゾープス菌(クモノスカビ)の生育した酸味のある子を用いるので、香味がなれるのに長期間を要する。アルコール分13~17%程度で、褐色、特有の老香(ひねか)をもち、酸味のきいたドライな酒質のものが多い。[秋山裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラオチウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラオチウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation