@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラクシュミー

世界大百科事典 第2版

らくしゅみー【ラクシュミー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラクシュミー
らくしゅみー
Lakm
ヒンドゥー教の女神。シュリーrともよばれる。ビシュヌ神の妻。吉祥天(きちじょうてん)と漢訳される。富と幸運の女神。太古、神々が不死の飲料アムリタ(甘露)を得るために、大海を攪拌(かくはん)した際に、海から出現したとされる。繁栄や幸運を意味するシュリーが女神として神格化されたのは、後期ベーダ文献の『ブラーフマナ』(祭儀書)においてである。シュリーはプラジャーパティ(造物主)より生じた。神々は光り輝く彼女を見て、彼女を殺してその富や美質を奪おうとしたが、プラジャーパティに制止されて思いとどまり、おのおのすばらしい贈り物を彼女から得た。シュリーは叙事詩においてラクシュミーと同一視され、ビシュヌの妻とみなされるようになった。[上村勝彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラクシュミー
シュリー」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラクシュミー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラクシュミーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation