@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラクタム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラクタム
lactam
分子内に -NHCO- を含む環式化合物の総称。アミノ酸アミノ基カルボキシル基から水を失って生じる。水,エチルアルコール,エーテルに溶け,ラクチムと互変異性をする。ε-カプロラクタム (ε-アミノカプロン酸) ,2-インドリノン (オルトアミノフェニル酢酸) などがあり,ナイロン6はε-カプロラクタムからつくられる。ペニシリンはβ-ラクタムの骨格を有する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラクタム(lactam)
環式化合物で、環状部分に-NHCO-を有するもの。分子内でアミノ酸アミド基とカルボキシル基とが脱水反応によって環状アミドを生成したもの。カプロラクタムペニシリンなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ラクタム
 環状化合物で環の中に-CONH-の構造をもつものの総称.β-ラクタム,γ-ラクタム,δ-ラクタムなどがある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラクタム【lactam】
分子内に-NHCO-を含む複素環式化合物の総称で,アミノ酸のカルボキシル基-COOHとアミノ基-NH2との分子内反応により水1分子がとれた環式酸アミドにあたる。環を形成する原子の数が4個のものをβ‐ラクタムといい,環員数が5,6,7,……と増加するにつれて順次γ‐,δ‐,ε‐,……ラクタムと呼ぶ。一般に融点の低い固体で,水,エチルアルコール,エーテルなどによく溶ける。強アルカリまたは強酸と加熱すると加水分解されてアミノ酸になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラクタム
らくたむ
lactam

環内にアミド基-CONH-をもつ複素環式化合物の総称。環の大きさにより、4員環のβ(ベータ)-ラクタム、5員環のγ(ガンマ)-ラクタム、6員環のδ(デルタ)-ラクタム、……に分類される。β-ラクタム、γ-ラタクム、δ-ラクタム、……はそれぞれβ-アミノ酸、γ-アミノ酸、δ-アミノ酸、……の環状アミドである。ラクタムは、相当するアミノ酸の加熱による環化、環状ケトンオキシムのベックマン転位、相当するラクトンとアンモニアとの反応により得られる。

 一般に融点が低い固体で、水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルに溶ける。弱い塩基性と酸性をもっている両性化合物で、塩酸のような強い酸や水酸化ナトリウムのような強い塩基を作用させると塩を生成する。また、強酸や強アルカリと加熱すると加水分解されて相当するアミノ酸塩になる。

 工業的に重要なのは、ε(イプシロン)-カプロラクタムで6-ナイロンの原料として多量に合成されている。6-ナイロンはこの化合物の開環重合により製造する。またβ-ラクタムはペニシリン、セファロスポリン系の抗生物質の薬理作用の中心となる化学物質として知られている()。

[廣田 穰 2016年11月18日]

『上田泰・清水喜八郎編『β-ラクタム系薬』(1987・南江堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラクタム
〘名〙 (lactam) 環状構造をもち、一部に -CONH- という原子団をもつ有機化合物の総称。アミノ酸のアミノ基とカルボキシル基が、分子内で脱水して環状アミドを生成したもの。カプロラクタムやペニシリンなど。〔化学繊維(1951)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ラクタム
ラクタム
lactam

環内に原子団-CONH-を含む有機環式化合物の総称.分子内でカルボキシル基とアミノ基との間で脱水してできた環状アミドとみなされる構造をもつ.環を構成する原子の数が4,5,6,7のとき,それぞれβ-,γ-,δ-,ε-ラクタムなどとよばれ,そのうちγ-およびδ-ラクタムが重要である.これらは相当するアミノ酸を加熱したり,相当するラクトンにアンモニアを作用させたり,環状ケトンオキシムのベックマン転位により得られる.β-ラクタムはイミンとケテンの反応によって生成する.ラクタムは融点の低い固体で,水,エタノール,エーテルなどに可溶.一般に,両性化合物で,塩酸または水酸化ナトリウムと塩をつくる.強酸または強アルカリと加熱すると,加水分解してアミノ酸になる.ラクタムの例として,カプロラクタム,ヒドロキシインドール,イサチンなどがある.ラクタムのエノール形互変異性体-C(OH)=N-をラクチムという.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラクタム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラクタムの関連情報

関連キーワード

カプロラクタムウレタンゴム

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation