@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラショウモンカズラ

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラショウモンカズラ
らしょうもんかずら / 羅生門蔓
[学] Meehania urticifolia (Miq.) Makino

シソ科の多年草。花茎は、断面は四角形で、横にはった地下茎から立ち上がり、高さ20~30センチメートル、花期後に、下部から葉をつけた長い走出枝を伸ばす。葉は対生し、卵心形で縁(へり)に粗い鋸歯(きょし)があり、下部のものは長い葉柄があるが、上部のものは葉柄がなく、包葉になる。4~5月、茎上部に一方向に向いてまばらな花序をつくり、紫色花を開く。花冠は長さ4~5センチメートル、下半部は細い筒形となり、上半部は急に広がって先は唇形となる。下唇は3裂して広がり、喉(こう)部に長い毛がある。萼(がく)は筒状で5歯がある。山の林下に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国北部に分布する。名は、花の形を、渡辺綱(わたなべのつな)が京都の羅生門で切った鬼女の腕に見立てたものである。

[村田 源]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラショウモンカズラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラショウモンカズラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation