@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラジオコンパス

デジタル大辞泉

ラジオ‐コンパス(radio compass)
航空機や船舶に取り付け、航行中にラジオビーコンから発射される電波を受けて自己位置方位を探知する装置。無線方向探知機。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らじおこんぱす【ラジオコンパス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラジオコンパス【radio compass】
電波の到来方向を探知するための計器。無線方位測定器。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラジオコンパス
らじおこんぱす
radio compass
主として航空機に搭載され、一つの計器の中にADF(自動方向探知機)と磁気誘導コンパスを組み合わせた航法用の計器。この組合せを総称してADFとよぶこともある。計器面上には方位を示す板(コンパスカード)があり、磁気受感部からの信号に応じて回転し、コンパスカードのNはつねに磁北をさす。計器面上にはまた2本のADF指針があり、それぞれADF電波標識局の電波を受けてその方位を指示する。したがって、コンパスカードで指針の方位を読み取れば航空機のADF標識局に対する方位がわかり、標識局へのホーミング(無線標識に向かって飛行すること)や2本の指針の関係方位からおおよその現在位置を知ることができる。しかし、現在では精度が格段に向上したVOR(超短波全方向式無線標識施設)が主流となっているので、特殊な用途のほかでは使われていない。[落合一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラジオ‐コンパス
〘名〙 (radio compass) 航行中の船舶や飛行中の航空機などが、ラジオビーコンから発射される信号電波によって自己の位置を探知する装置。陸上の無線方向探知局が船舶・航空機などから発射された電波を受けてその位置を知らせる場合もある。〔百万人の科学(1939)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラジオコンパス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラジオコンパスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation