@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラジオ波熱凝固療法【らじおはねつぎょうこりょうほう】

知恵蔵

ラジオ波熱凝固療法
460キロヘルツ程度の電磁波(ラジオ波)を利用した治療法。病巣部に型電極をし入れて、針の先端からラジオ波を出し、腫瘍塊を焼く。対象となる腫瘍の大きさは3cm程度までといわれている。体への負担が非常に少なく、1回の穿刺(せんし)による治療ですむため、治療日数が大幅に短縮されるという特長がある。これとよく似たものに、2450メガヘルツ程度のマイクロ波を利用したマイクロ波熱凝固療法(microwave coagulation therapy)がある。方法はラジオ波の場合とほぼ同じ。現在のところ、ラジオ波熱凝固療法の方が、マイクロ波熱凝固療法より、抗腫瘍効果や安全性が優れていると考えられている。
(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ラジオ波熱凝固療法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラジオ波熱凝固療法の関連情報

関連キーワード

ヒッポクラテスギリシア哲学史(年表)国民年金空洞化ユニコーン企業映画検定雲崗石窟ジョージア州ツキディデスデモクリトスヒポクラテス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation