@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラスキン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラスキン
Laskin, Boris Savel'evich
[生]1914.7.22. マギレフ
[没]1983. モスクワ
ソ連の小説家。映画大学シナリオ科を卒業後,1938年創作活動に入った。脚本『春の声』 Vesennie golosa (1955) ,『カーニバルの夜』 Karnaval'naya noch' (1956) のほか,『戦友』 Voennyi tovarishch (1944) ,『幼友だち』 Drug detstva (1955) などのユーモア短編小説も発表,同時代人の出世主義や下劣さを軽いタッチで諷刺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラスキン
Ruskin, John
[生]1819.2.8. ロンドン
[没]1900.1.20. ブラントウッド
イギリスの著述家,美術評論家,画家。オックスフォード大学在学中に絵画を修業,1840~42年学業を中断してイタリアへ旅行。 J.ターナーの影響を強く受け,卒業後彼に関する最初の論文近代画家論』 Modern Painters第1巻を著述 (1843) 。その後イタリア絵画建築を研究し,『建築の七燈』 The Seven Lamps of Architecture (49) を完成し,またベネチア教会宮殿デッサン水彩画をまとめて『ベネチアの石』 The Stones of Venice (51~53) として出版。 60年には『近代画家論』の第5巻をわした。 69年オックスフォード大学美術史教授に就任。晩年は芸術と社会の関連から社会問題,経済問題に取組んだ。なお彼の魅力ある自伝『過ぎしことども』 Praeterita (85~89) は彼の死により未完に終った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラスキン(John Ruskin)
[1819~1900]英国批評家ターナーラファエル前派を擁護する美術評論を著す一方、実践的立場から社会改革を論じた。著「近代画家論」「胡麻(ごま)と百合(ゆり)」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラスキン【John Ruskin】
1819‐1900
イギリスの批評家,社会思想家。ロンドンの裕福なワイン商人の子として生まれ,幼いころから国内やヨーロッパ旅行で父に同行し,風景美に目を開かれた。のちに文学に親しみ絵画を習い,オックスフォード大学卒業のころからは建築に興味をもった。1843年,もともと画家J.M.W.ターナーを擁護するために書き始められた《近代画家論》の第1巻を世に問うて一躍有名となった。その第2巻を書くためにイタリアなどヨーロッパ大陸を何度も訪れ,絵画,彫刻,建築を研究した結果生まれたのが《建築の七灯》(1849),《ベネチアの石》(1851‐53)などであり,美術批評家としての名声は確立された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラスキン
らすきん
John Ruskin
(1819―1900)

イギリスの批評家。ロンドンの富裕なぶどう酒商の家に生まれる。父についてヨーロッパ大陸を訪ね、美しい風景や優れた美術、建築に接する機会に恵まれたことが彼の将来を決定した。オックスフォード大学を卒業。1842年王立美術院のターナーの作品が世評の攻撃を浴びたのを弁護する目的で書き始めた『近代画家論』5巻(1843~60)が彼の主著となった。ターナーやラファエル前派運動の理解者であった彼が、1877年のホイッスラーの作品を今度は攻撃して名誉毀損(きそん)の罪に問われ、美術界での権威を失ったのは運命の皮肉であった。その間『建築の七灯』(1849)、『ベニスの石』3巻(1851~53)などヨーロッパ建築に目を向けた彼は、それらの基礎を支える労働者の生活に関心を示し、実践的立場からの社会、経済、政治問題にも健筆を振るった。『この最後の者にも』(1862)はその方面での代表作。

[前川祐一]

『沢村寅二郎・石井正雄訳『近代画家論』(1940・弘文堂)』『飯塚一郎訳『この最後の者にも』(『世界の名著41』所収・1971・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラスキン
(John Ruskin ジョン━) イギリスの美術・社会批評家。芸術を民衆の社会的な力の表現とする芸術哲学から、次第に社会問題に眼を転じ、理想主義的社会主義を唱導。オックスフォード大学教授。著「近代画家論」。(一八一九‐一九〇〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラスキン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラスキンの関連情報

関連キーワード

牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦第1次世界大戦グリフィス第1次世界大戦プロコフィエフイタリア映画

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation