@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラスキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラスキ
Laski, Harold Joseph
[生]1893.6.30. マンチェスター
[没]1950.3.24. ロンドン
イギリスの政治学者。イギリス労働党の理論的指導者。両親はポーランド系ユダヤ人。1914年オックスフォード大学ニューカレッジを卒業。1914~16年カナダのマギル大学,1916~20年アメリカ合衆国のハーバード大学で政治学を講義。1926年以降ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスの政治学教授。民主主義の危機,特に 1930年代のイギリスにおける危機の解明にマルクス主義理論を適用した。主著『政治学大綱』Grammar of Politics(1925),『近代国家における自由』Liberty in the Modern State(1930)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラスキ(Harold Joseph Laski)
[1893~1950]英国の政治学者。ロンドン大学教授。労働党執行委員長を長く務め、同党左派の理論的指導者。初期多元的国家論を、晩年には計画的民主主義を唱えた。「政治学大綱」「近代国家における自由」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラスキ【Harold Joseph Laski】
1893‐1950
イギリスの政治学者。マンチェスターに生まれる。1914年オックスフォード大学卒業後渡米し,カナダのマッギル大学,ハーバード大学などで近現代史を講義する。20年帰英し,G.ウォーラス後任としてロンドン大学で政治学を講義し,26年教授となる。同年フェビアン協会に入り,イギリス労働党に入った。その後は党左派の理論家として,36年党執行委員,45‐46年委員長となるなどの要職を務め,実際政治においても活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラスキ
らすき
Harold Joseph Laski
(1893―1950)

イギリスの政治学者。マンチェスターの富裕なユダヤ系木綿貿易商の次男として生まれる。1914年、オックスフォード大学卒業後、カナダのマッギル大学、アメリカのハーバード大学講師を務め、1920年に帰国し、ロンドン政治経済学校講師、1926年ロンドン大学政治学教授となる。同年、フェビアン協会に入会、またイギリス労働党に入党、1936年には労働党執行委員、1945~1946年には中央委員長となり政治家としても活躍した。

 ラスキの政治学の特色は、民主主義と自由の尊重・保障を重視するイギリス伝統の自由民主主義(リベラル・デモクラシー)、議会制民主主義を基調にしつつ、それらに社会主義やマルクス主義の提起した新しい社会的平等、弱者救済の立場を加味したいわゆる社会(的)民主主義(ソーシャル・デモクラシー)を展開した点にある。彼が、20世紀を代表する政治学者とよばれるのはこのためである。

 ラスキの研究の出発点は、当時、世界的に政治学の重要テーマとなっていた国家論の解明に置かれ、17世紀の近代国家形成時点以来の国家権力と自由をめぐる問題に取り組んでいる。その際、国家の思想的、歴史的、構造的分析がなされている点に、彼の学問的視野の広さがうかがわれる。この時期の著作としては『主権の問題』(1917)、『現代国家における権威』(1919)、『主権の基礎』(1919)などがあるが、1925年の『政治学大綱』は、上記の著作を集大成し、多元的国家論の立場を確立したものであり、またそこには社会主義に対する理解もみられる。ラスキのマルクス主義への共感は『カール・マルクス』(1924)、『共産主義』(1927)などにみられるが、彼の立場は、あくまでもイギリス流の社会(的)民主主義であり、マルクス主義を批判的に学んだものといえよう。

 しかし、1930年代に入り、世界大恐慌が勃発(ぼっぱつ)するなかで、ドイツ、イタリア、日本などに軍国主義的・独裁的ファシズム国家が台頭してきたこと、また資本主義国家が経済的危機に直面して利潤追求・資本の論理をますます強め、国家権力による人権や自由の抑圧という傾向が進行していた状況をみて、ラスキは、この時期、マルクス主義的階級国家論へ著しく傾斜し、労働党内でも左派の理論的指導者となっていった。『近代国家における自由』(1930)では、自由を保障するために権力の制限や思想・言論の自由が依然必要であること、また自由の条件としては平等の実現が絶対に必要であることを力説し、国家の地位を政党、組合、教会、市民団体などの集団に対して絶対的優位のものとするヘーゲル流の絶対的国家観に反対している。また『危機に立つ民主主義』(1933)はファシズム批判の書であり、『国家』(1935)では階級国家論を取り入れ、暴力革命の不可避性すらも唱えていた。

 しかし、その後は、『現代革命の考察』(1943)にもみられるように、暴力革命論は後退し、「同意による革命」を実現可能なものとして主張し、社会主義政党が国民多数の支持を得て議会で多数を占め、平和的に社会主義への道を実現する方向を示唆している。にもかかわらず、彼は、『信仰・理性・文明』(1944)において、戦争の教訓を学び取っているのはソ連一国であると指摘し、『アメリカの民主政治』(1948)では、資本主義国家の民主主義に強い批判的態度を示している。このように、ラスキは、自由主義・民主主義とマルクス主義・社会主義との関係を終生問い続けた思想家であったといえよう。

[田中 浩]

『石上良平訳『国家』(1952・岩波現代叢書)』『堀真清訳『ファシズムを超えて――一政治学者の戦い』新版(2009・早稲田大学出版部)』『ラスキ著、飯坂良明訳『近代国家における自由』(岩波文庫)』『小笠原欣幸著『ハロルド・ラスキ』(1987・勁草書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラスキ
(Harold Joseph Laski ハロルド=ジョセフ━) イギリスの政治学者、文明批評家。フェビアン協会員。一九三六年以降、労働党執行委員、一九四五~四六年中央執行委員長。マルクス主義の影響も受け、社会主義と個人的自由の調和を求め、プロレタリア独裁を批判した。著「政治学大綱」「現代革命の考察」「信仰・理性・文明」。(一八九三‐一九五〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ラスキ
Harold Joseph Laski
1893〜1950
イギリスの政治学者,労働党の理論的指導者
1926年ロンドン大学教授。同年,フェビアン協会にはいり労働党に入党。1945〜46年労働党委員長をつとめ,45年の労働党の勝利に貢献。超越的な国家主義説を否定して多元的国家論を説き,一党独裁的共産主義を批判。議会制民主主義機構は保存し,個人の自由にもとづく計画的民主主義を提唱した。著書は『政治学範典』(1925),『近代国家における自由』(1930),『現代革命の考察』(1943)など。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラスキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラスキの関連情報

関連キーワード

黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッドウェルナー内村鑑三ドビュッシーニキシュマイケルソン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation