@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラスパイレス指数【ラスパイレスしすう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラスパイレス指数
ラスパイレスしすう
Laspeyres index
国家公務員との比較で地方公務員給与水準を表わす指数。この指数は加重平均による総合指数で,一般には物価水準変動を実質的に比較するために用いるが,総務省では地方公務員の給与水準を比較する指標として用い,高い指数の自治体には特別交付税起債制限を行いその引下げを指導している。算定方式は,自治体の一般行政職員学歴別・経験年数別構成などが国と同一であると仮定して,各自治体ごとの平均給与額を求め,国の平均給与額を 100として指数化している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ラスパイレス指数
地方公務員と国家公務員の平均給与額を、国家公務員の職員構成を基準として、一般行政職における学歴別、経験年数別に比較し、国家公務員の給与を100とした場合の地方公務員の給与水準を示した指数。総務省は毎年地方公務員の給与水準をラスパイレス指数で発表している。総務省は指数の高い自治体に対し、特別交付税や起債に対するコントロールを通じて指導を行っている。高度成長期には全体として1割程度高かった地方公務員の給与であるが、毎年少しずつ下がり続けてきた。長らく町村の平均だけが100以下であったが、2004年に、全地方自治体、市、都道府県でも100を切った。指定都市と特別区も100をわずかに超えるだけとなっている。この結果、全団体の91.9%において指数が100未満となった。
(北山俊哉 関西学院大学教授 / 笠京子 明治大学大学院教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

ラスパイレス指数
国家公務員を100として地方公務員の給与水準を示す指数。100だと同じ水準。単純に平均給与を比較するのではなく、学歴や勤続年数のばらつきが国の行政職職員と同じと仮定して、各地方自治体の指数を計算する。
(2013-02-09 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ラスパイレス‐しすう【ラスパイレス指数】
地方公共団体の一般行政職の職員の平均給与額を求め、国の平均給与額を100として算出した指数。
物価指数の一。ある時点での価格・数量を基準とし、加重平均によって算出した指数。
[補説]名称は、ドイツの統計学者ラスパイレス(Laspeyres)が1864年に提案した算式に基づいて計算されることから。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラスパイレスしすう【ラスパイレス指数 Laspeyres index】
物価あるいは数量指数算式のうち,ラスパイレスÉtienne Laspeyres(1834‐1913)によって1864年に提唱された方式による指数をラスパイレス指数という。pi0,qi0をそれぞれ基準年次における第i番目の財・サービスの価格,数量とし,pi1を比較年次における第i番目の財・サービスの価格とすれば,ラスパイレス物価指数Pは,と表される(ラスパイレス数量指数は,この式において価格と数量を入れ替えることによって求められる)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラスパイレスしすう【ラスパイレス指数】
Laspeyres はドイツの経済学者の名
国家公務員の給与水準を一〇〇として地方公務員のそれと比較したときの指数。総合物価指数算定方式を公務員の給与水準の比較に用いたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラスパイレス指数
らすぱいれすしすう
Laspeyres index
ドイツの経済学者ラスパイレスtienne Laspeyres(1834―1913)により1864年に提案された算式に基づいてつくられる指数のこと。指数を算出する際に、基準時(比較の基準となる時点)の購入割合(ウェイト)を用いる。
 n種の財(商品)についての価格指数をラスパイレス算式に基づいて作成する場合を例にして説明すると下記のとおりとなる。財iの基準時の価格をp0i、比較時(t時点)の価格をptiとし、その財の基準時の購入量をq0iとする。t時点のラスパイレスの価格指数PL(t)は次の式で算出される。

 また、財iの基準時の購入金額をw0ip0iq0iとすると、t時点のラスパイレスの価格指数PL(t)は以下の式でも表現でき、各財の価格を基準時のウェイトで加重平均していることが示される。

 ラスパイレス指数は指数の算出が容易である一方、ウェイトを基準時で固定しているため、経済構造の変化を反映したものにならないという欠点がある。
 なお、国家公務員給与と地方公務員給与の比較に用いられるラスパイレス指数は、前記のものとは異なる。具体的には、各自治体の地方公務員の給与水準を、年齢構成の差などを調整して国家公務員給与を100として指数化している。[飯塚信夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラスパイレス‐しすう【ラスパイレス指数】
〘名〙 (ラスパイレスはLaspeyres)
① 一八六四年にドイツの統計学者E=ラスパイレスが提唱した、加重平均算出方式で求められる指数。一般には多く物価指数をいう。
② 国家公務員の給与水準を一〇〇として算出した地方自治体職員の給与水準を示す指数。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラスパイレス指数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラスパイレス指数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation