@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラセミ体【ラセミたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラセミ体
ラセミたい
racemic modification
光学対掌体から成る物質で,ラセミ混合物ラセミ化合物 (分子化合物の一種) とがある。ラセミ体は偏光面の回転角が等しく,その方向が反対の旋光性を有する各対掌体の等量から成るために光学不活性である。気体液体溶液の場合は混合物として存在するが,結晶の場合は混合物,分子化合物,固溶体などの状態をとる。天然物のなかには光学活性体が多いが,通常の合成によって得られた化合物はラセミ体である。 (→ラセミ化 , ラセミ体の分割 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラセミ‐たい【ラセミ体】
racemic body》化学構造が鏡像の関係にある一対の光学異性体を等量混合した物質。光学活性は失われ、旋光性を示さない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラセミたい【ラセミ体 recemic body】
対掌体が等量混じっているため,旋光性を失っている物質。旋光性の方向を表すのに,右旋性をd‐または(+),左旋性をl‐または(-)と書くのに従って,ラセミ体はdl‐または(±)と書く。 1820年ころ,ブドウ酒に含まれている通常の酒石酸と性質が異なる異性体が発見された。J.L.ゲイ・リュサックはこれをラセミ酸(ラテン語のブドウの実racemusに由来)と呼んだ。酒石酸は右旋性であったが,ラセミ酸は光学不活性であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラセミたい【ラセミ体】
互いに鏡像の関係にある光学異性体を等量含み、全体として旋光性を示さない物質。ラセミ体が結晶をつくるとき、両光学異性体の一対が分子化合物をつくる場合を、特にラセミ化合物という。 → 光学異性

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラセミ体
らせみたい
racemic modification
等しい量の光学対掌体(エナンチオマーenantiomer)からなる光学不活性の物質をいう。光学活性をもたない原料および試薬を用いて不斉(ふせい)化合物を合成すると光学活性(旋光性)をもたないラセミ体が得られるほか、両光学対掌体を等量混合した溶液から結晶させるなどの方法によってもラセミ体が得られる。ラセミ体の溶液は光学対掌体を等量含む混合溶液にすぎないが、固体では、(1)ラセミ化合物、(2)ラセミ混合物、(3)ラセミ固溶体、の3種の形態のいずれかで存在する。ラセミ化合物racemic compoundでは、両対掌体が1:1の組成の分子化合物をつくっていて、一般に、光学活性な対掌体に比べると結晶形、融点、溶解度などの性質が異なっている。ラセミ混合物racemic mixtureは両方の光学対掌体の結晶が等量混じり合ったもので、結晶を大きく成長させると肉眼で両対掌体結晶を拾い分けることもできる。ブドウ酸アンモニウムナトリウムの結晶を拾い分けてD-酒石酸とL-酒石酸に分割したフランスのパスツールの実験は有名である。ラセミ固溶体racemic solid solutionは、光学対掌体と融点が等しく、また両対掌体の比率を変えても融点は変わらないという特色があるが、その例は比較的少ない。[廣田 穰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ラセミ体
ラセミタイ
racemic modification

等モルの対掌体からなる光学不活性の物質.接頭記号(±),dlDLr(またはrac)などをつけて示される.たとえば,ラセミ乳酸は,右旋性乳酸と左旋性乳酸の等量からなり,(±)-乳酸,dl-乳酸,DL-乳酸,r-乳酸などとよばれる.気体,液体,溶液の状態では,一般に対掌体の混合物として存在するが,結晶では,ラセミ化合物として存在する場合と,ラセミ混合物として存在する場合とがある.ラセミ化合物も液体や気体の状態にしたり,溶液にしたりすると,ラセミ混合物になる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ラセミ体

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラセミ体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラセミ体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation