@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラック
Lacq
フランス南西部,ピレネーザトランティク県の村。小村であるが,1951年,付近で石油・天然ガス田が発見され注目を浴びた。特に天然ガスの埋蔵量は世界的規模で,現在 30以上のガス井が掘られ,パイプラインがこの村から南西フランス各地に延びている。ガソリン,プロパンなどのガス化学工業コンビナートが形成され,ガスに含まれる硫化水素の処理により,年 180万t以上の硫黄を分離。またガス火力発電所がアルミニウム工場のためにつくられている。新しい町ムーランルヌヌにコンビナートが展開しつつある。人口 664 (1990)

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック
lac
スチックラック (粗ラック) ,シコウ,ハナモツヤクともいう。ラックカイガラムシの雌虫が体表に分泌した樹脂状物質。精製したものはシェラックと呼ばれ,塗料 (ワニス) ,封ろう,電気絶縁材料などに用いられる。粗ラックの水溶性成分は赤色アントラキノン色素を含み,古くは染料 (ラックダイ) として用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック
rack
平らな板または棒の一面に,等間隔に同形の歯を刻んだもの。平歯車ピッチ円直径が無限大になったものと考えてよく,インボリュート歯形ではラックの歯形直線になる。ラックは小歯車 (ピニオンともいう。1対の歯車で歯数の少いほうの歯車) と噛み合せて用いられ,自動車のステアリング部品にも組込まれている。また,ラックは歯車の歯切り用のカッタ (ラックカッタ) としても利用される。 JISでは,標準歯車に定められた諸元を有するラックを基準ラックとして規定している。ラックの歯の厚さがピッチの2分の1になるような特定のピッチ線を基準ピッチ線といい,基準ラックの空間部分を切刃部とした工具を基準ラック形工具と呼ぶ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラック(lac)
ラックカイガラムシの体を覆う、樹脂状の物質。精製したものをシェラックといい、塗料・接着剤などに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック(luck)
運。特に、幸運。「グッドラック」「ビギナーズラック

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック(rack)
棚。台。また、整頓(せいとん)のために物をそこに入れたり立て掛けたりするもの。「マガジンラック」「CDラック
多数の2を、まっすぐな棒や板に刻んだもの。ふつう、ピニオンとよばれる小歯車とかみ合わせて、回転動と直線運動との変換に用いる。歯竿(はざお)。→ラックピニオン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック(ruck)
ラグビーで、ボール地上にあって、その周囲双方プレーヤーがからだを密着させ密集している状態。ルーススクラム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

ラック【rack】
商品を保管する機具のこと。普通のスピード・ラック、フォークリフトの通り抜けできるドライブイン・ラック、少し傾斜をつけ先入れ先出しが自動的にできるフロー・ラックなどがある。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

ラック
正式社名「株式会社ラック」。英文社名「Little eArth Corporation Co., Ltd.」。情報・通信業。平成19年(2007)「株式会社ラック」と「エー・アンド・アイシステム株式会社」が経営統合し共同持株会社として「ラックホールディングス株式会社」設立。同24年(2012)事業子会社を吸収合併し現在の社名に変更。本社は東京都千代田区平河町。システムインテグレーター。情報セキュリティーサービス、システム開発、ソフトウェア開発、データセンター運営などを展開。JASDAQ上場。証券コード3857。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラック【Lacq】
フランス南西部,ピレネー・ザトランティク県の村。ポーの北西25kmに位置する。人口748(1975)。1951年12月,3000mを超える深層に天然ガス層を掘り当てたことで,寒村景観は一変した。天然ガスは90km2に広がる約30のガス井から採取され,1978年,メタンガス70億m3を生産,総延長7000kmを超えるパイプラインで各地に送られる。また天然ガスを利用する火力発電所,化学工業,肥料工場などが立地し,コンビナート型工業地域を形成している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラック【David Lambert Lack】
1910‐73
イギリス生態学者。1933年ケンブリッジ大学卒,高校教師の後45年以降オックスフォード大学エドワード・グレー野外鳥類学研究所所長。もっぱら鳥の生態を研究し,古い博物学とされていた高等動物の野外研究を学界に認めさせるとともに,進化の観点から生態を扱う新しい研究分野を開拓して,現代の動物学を築くうえで大きく貢献した。若いころの著書《ダーウィンフィンチ》(1947)は進化学の新しい古典として知られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

らっく【ラック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラック【lac】
ラックカイガラムシが体表から分泌した黄褐色の樹脂状物質。精製したものをシェラックという。 → シェラック

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック【rack】
棚。また、掛けたり載せたりして物を納めておくもの。掛け。台。 ステレオ
歯車と同様な歯をもったまっすぐな棒。小歯車(ピニオン)とかみ合わせて、直線運動と回転運動との変換に用いる。歯竿はざお

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック【ruck】
ラグビーで、地上にあるボールの周りに両チームの選手が集まり、立ったまま体を密着させてボールを奪い合っている状態。ルーススクラム。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラック
らっく
rack
直線状に歯をつけたまっすぐな棒状のもの。円形歯車の直径が無限大となったと考えることもできる。直線状なので車ではないが、歯車の一種として取り扱っている。ラックとかみ合う小歯車をピニオンpinionといい、回転運動を直線往復運動に変えたり、またはその逆の運動を得たいときに使用される。[中山秀太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラック
〘名〙 (lac)⸨ラッカ⸩ ラックカイガラムシが体表に分泌した樹脂状の固形物。この虫が寄生している木の枝を切りとって集めたものをスチックラックといい、これを精製してラックダイ、シェラックを作る。塗料・接着剤・電気絶縁用皮膜・封蝋などに広く利用される。インド、ミャンマーなどに産する。
※紅毛雑話(1787)二「書翰の封を、常は赤き色のラッカという脂にて製したる物を、火にて蕩し懸け、その上へ印を押す也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック
〘名〙 (luck) 運。特に幸運。「グッドラック」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック
〘名〙 (rack)
① 棚。格子になった棚。また、他の語に付いて「━台」「━掛け」の意で用いる。「ステレオラック」「マガジンラック」など。
② 棒や平板に歯をつけた一種の歯車。ピニオンとかみ合わせて、回転運動を往復運動に、また、その逆を行なうのに用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック
〘名〙 (ruck) ラグビーで、地上にあるボールの周囲に、二人以上のプレーヤーが立ったまま体を密着させて密集し、ボールをうばいあう状態のこと。ルーズスクラム。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation