@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラッフルズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラッフルズ
Raffles, Sir Thomas Stamford
[生]1781.7.6. ポートモラント
[没]1826.7.5. ハイウッド
イギリスの植民地政治家。生れたのはジャマイカのモラント港沖に停泊中の父の商船の中。ロンドンのマンション・ハウス寄宿学校を卒業。 1800年イギリス東インド会社の常勤の書記となり,マレー半島の商館に勤務。ナポレオン戦争中,一時フランスの支配下に入ったオランダ領のジャワの征服をインド総督ミントー卿に進言した。 11年ミントー卿はジャワを攻撃し,バタビアを陥落させてジャワ全土を占領すると,ラッフルズを占領地の行政責任者とした。ラッフルズはオランダがジャワに導入していた義務供出制度を廃止し,自由主義的な地租制度を導入したが,ジャワのイギリス領植民地は 16年オランダに返還された。 19年シンガポールに上陸し,イギリス商館建設の条約を締結,イギリスの東洋政策の根拠地を建設した。ロンドン動物学協会初代会長。主著『ジャワ誌』 The History of Java (1817) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラッフルズ(Thomas Stamford Raffles)
[1781~1826]英国の植民地行政官。1811年ジャワ遠征に成功し、占領して副総督となる。任期中にボロブドゥール遺跡などを調査した。1819年シンガポール島を獲得し、貿易基地を建設して自由宣言を行った。「ジャワ誌」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラッフルズ【Thomas Stamford Raffles】
1781‐1826
イギリスの植民地行政官でシンガポールの建設者。イギリス商船船長を父として中米ジャマイカ沖の船内で生まれた。東インド会社事務員として訓練を受け,1805年にペナンに派遣されたが,健康を害して08年にマラッカに転地療養中,この港のオランダへの返還計画を聞き,カルカッタのインド総督ミントーに報告書を送ってその中止を進言し,賛同を得た。以来ミントーは彼を信頼し,10年に彼がカルカッタに行ってジャワ進攻を提案したときもこれを採用し,彼にその準備を命じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラッフルズ【Thomas Stamford Raffles】
1781~1826 イギリスの植民地行政官。東洋政策の拠点としてシンガポールを1819年に獲得し貿易港を築いた。著「ジャワ誌」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラッフルズ
らっふるず
Sir Thomas Stamford Raffles
(1781―1826)
イギリスの植民地経営者。ジャマイカに生まれ、1795年ごろイギリス東インド会社に雇員として入社、1800年正社員となった。05年結婚すると同時にイギリスを離れてマレー半島のペナンに赴任し、書記として勤務するかたわら、マレー語、マレー文化の研究に頭した。11年ナポレオン戦争に際して、会社はオランダ領であったジャワを占領したが、この計画の首唱者であったラッフルズは、このときジャワの副総督に任命され、16年まで在任し、独自の主張に基づく住民保護を目的とした植民政策を実行し、土地改革、行政改革を行い、またジャワ文化の研究を行った。
 1816年副総督を辞していったん帰国し、『ジャワ誌』全二巻(1817)を刊行、さらにアジア地域におけるイギリスの植民地支配の確立が必要なことを主張した。17年スマトラのベンクーレンの副総督として再度アジアに赴任し、24年まで在任したが、この間19年に新しい根拠地としてシンガポール島をジョホール王国から獲得し、ここを自由港として経営し、また革新的な内容の政策を実施した。しかし、会社の内部で彼の政策では利益をあげることができないという強い批判を受け、また健康を害したこともあって24年に帰国した。このとき収集した研究材料を船火事のために失った。帰国後政治家を志し、また博物館、学会を創設しようとしたが、26年7月5日脳卒中で急死した。[生田 滋]
『信夫清三郎著『ラッフルズ伝』(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラッフルズ
(Thomas Stamford Raffles トマス=スタンフォード━) イギリスの植民地政治家。ジャワ・スマトラなどで自由主義的な植民地経営を行ない、のちシンガポールに自由港を建設した。主著「ジャワ誌」。(一七八一‐一八二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ラッフルズ
Thomas Stamford Raffles
1781〜1826
イギリスの植民地官吏・博物学者
東インド会社の社員であったが,1811年ナポレオン戦争に乗じ,イギリスがジャワ島を占領すると同島の副総督となり,オランダの植民政策を改革して自由主義的政策をとった。ウィーン会議でジャワ島がオランダに返還されると,東南アジア〜東アジア貿易の拠点としてシンガポールの重要性に着目し,1819年にジョホール王から獲得して植民市の建設に努力し,24年にはイギリス領とした。帰国後は,動物学協会の設立に努力した。著書に『ジャワ誌』がある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラッフルズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラッフルズの関連情報

関連キーワード

蓼太藩学一覧鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園馬明心朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation