@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラティガン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラティガン
Rattigan, Sir Terence
[生]1911.6.10. ロンドン
[没]1977.11.30. バミューダ,ハミルトン
イギリスの劇作家。『フランス語入門』 French Without Tears (1936) で成功を収め,軽い喜劇や『ウィンズロー家の少年』 The Winslow Boy (46) ,『深く青い海』 The Deep Blue Sea (52) など巧みな作劇術で中産階級の生活を描いた作品によって認められている。『チップス先生さようなら』 (68) ほか映画シナリオ多数。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラティガン【Terence Mervyn Rattigan】
1911‐71
イギリスの劇作家。オックスフォード大学に学び,外交官を志したが,劇作を仕事とするに至った。みずから〈エドナ叔母さん〉と名づけた素朴で平均的な観客念頭おき,深みには欠けるが巧みな構成と情感に訴えるせりふとをもったわかりやすいウェルメード・プレーを量産した。作品には《フランス語入門》(1936初演。以下初演年),《シルビアとはだれか》(1950),《眠れる王子》(1953)などの軽い喜劇,《ウィンズロー家の少年》(1946),《ブラウニング版》(1948),《深く青い海》(1952),《別々のテーブル》(1954)など,いくらか深刻な題材を扱ったメロドラマのほか,アラビアのロレンスを主人公にした《ロス》(1960)のように意欲的なものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラティガン
らてぃがん
Sir Terence Mervyn Rattigan
(1911―1977)
イギリスの劇作家。オックスフォード大学に学んで外交官を志したが、劇作に興味をもって学業を中断。喜劇『フランス語入門』(1936)が成功し、メロドラマ『ウィンズロー家の少年』(1946)で名声を確立。以来『シルビアとは誰(だれ)か』(1950)、『眠れる王子』(1953)などの情感に富んだ喜劇と、『ブラウニング版』(1948)、『深く青い海』(1952)、『銘々のテーブル』(1954)などのメロドラマの両方を発表、スターを引き立てる役を提供する巧みな作劇術によって、平均的観客の好みを知り尽くした商業作家として信頼されるに至る。自作の脚色をはじめ、映画シナリオも多数ある。1971年サーの称号を与えられた。[喜志哲雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラティガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラティガンの関連情報

関連キーワード

牧野省三桂太郎内閣ランデール岩石区エクソンモービル河上肇キュビスムグリフィススバル辛亥革命

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation