@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラテン帝国【ラテンていこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラテン帝国
ラテンていこく
Latin Empire
1204年,第4次十字軍ビザンチン帝国の首都コンスタンチノープル占領したあと,この地に建てられた王国。フランドル出身のボードアン1世に始まり,ボードアン2世にいたるまで 6人の西ヨーロッパの王侯を数えたが,1261年8月15日ニカイア帝国亡命政権 (ビザンチン) のミカエル8世奪回により終息

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラテン‐ていこく【ラテン帝国】
1204年、第4回十字軍東ローマ帝国の首都コンスタンチノープルを占領して建てた国。フランドル伯ボードアンを初代皇帝としたが、1261年、東ローマ帝国に滅ぼされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラテンていこく【ラテン帝国】
第4回十字軍ベネチアが,〈ローマニア(ビザンティン帝国支配領域)分割協定〉(1204年3月)に基づき,コンスタンティノープル攻略(1204年4月)後に合作した国家。同協定の定める皇帝選考委員会(ベネチア側,騎士側それぞれ6名から成る)は,自ら従軍したベネチア総督ダンドロEnrico Dandoloの筋書どおり,十字軍指導者のモンフェルラート辺境伯ボニファチオBonifacioをさしおいて,フランドル伯ボードアンBeaudouinを選び,後者は,皇帝を出さなかったベネチア側から選ばれたコンスタンティノープル・ラテン総主教モロシニTomaso Morosini(ベネチア貴族出の修道士)により,アヤ・ソフィア教会でボードアン1世(在位1204‐05。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラテン帝国
らてんていこく
Empire Latin de Constantinople フランス語

フランス人とベネチア人を主力とする第4回十字軍が1204年ビザンティン帝国の内紛に干渉し、コンスタンティノープルを占領して創設した西欧型封建制国家。テッサロニキ、ギリシア本土(アテネ公領、アカイア公領)、エーゲ海島嶼(とうしょ)、小アジア西部を領土とした。フランス人とベネチア人は征服前の分割協定により、初代の「皇帝にしてローマ人の支配者」にボードアン1世Baudouin Ⅰ(在位1204~05。フランドル伯としては9世)を推挙し、その取り分を除く全征服地の4分の3を折半して、おのおの陪臣に封土として分与したが、政情はつねに不安定で国境を接するブルガリアとエピルスから干渉、反撃が絶えなかった。また、ギリシア正教徒の現地住民は、ローマ・カトリック教会に反感を抱き、社会的荒廃を招いた。1261年、ニカイア皇帝ミハイル8世Michael Ⅷ(在位1259~82)の軍隊と民衆蜂起(ほうき)により首都を奪回され、ビザンティン帝国が復興した。最後のラテン皇帝ボードアン2世(在位1228~61)はイタリアに亡命した。

[橋口倫介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラテン‐ていこく【ラテン帝国】
第四回十字軍の結果、旧東ローマ帝国領内に建設された国(一二〇四‐六一)。ベネチアの艦隊がコンスタンティノポリスを陥れて建国、十字軍騎士に封土を分与し、現地人を支配した。フランドル伯ボードアンが初代皇帝となったが、ブルガリア人、ギリシア人などの抵抗、東ローマの反抗により滅亡した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ラテン帝国
ラテンていこく
Latin Empire
第4回十字軍がビザンツ帝国の中心部に建てた国(1204〜61)
艦船を提供したヴェネツィアの強い要求で,第4回十字軍がその貿易上の競争相手コンスタンティノープルを占領して建国した。その後,イタリア内の競争相手ジェノヴァ援助を受けた,ビザンツ帝国の残存勢力が建てたニケーア帝国に奪回された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラテン帝国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラテン帝国の関連情報

関連キーワード

元久アレクシウス5世ビザンティン帝国十字軍史(年表)テオドロス[1世]トレビゾンド帝国建仁アンゲルス朝クーリン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation