@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラドン(元素)【らどん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラドン(元素)
らどん
radon

周期表第18族に属する希ガス元素(貴ガス元素)の一つ。原子番号86、元素記号Rn。すべての同位体が放射性である。19世紀末から20世紀初頭にかけて放射性元素の研究が発展した際、トリウム、ラジウム、アクチニウムのそれぞれの化合物が放射性気体を放出する事実が知られたが、それらが周期表でキセノンの下に位置する希ガス(貴ガス)であることが確認されてラドンの元素名が与えられたのは1923年である。トリウム、ラジウム、アクチニウムの化合物から発する質量数220、222、219の同位体は、それぞれ別にトロン、ラドン、アクチノンともよばれることがある。

 これら3種の同位体は、それぞれウラン・ラジウム系列、トリウム系列、アクチニウム系列での崩壊生成核種であり、天然に極微量存在し、これらを含めて多くの半減期の短い放射性同位体が知られている。理論的にはキセノンよりも電子移動を伴う化合物の生成は容易であるが、半減期が短いために、単離された化合物としては包接化合物しか知られていない。

[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラドン(元素)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラドン(元素)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation