@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラド
rad
放射線の吸収線量の実用単位記号radまたは rd。 1radは放射線がイオン化作用によって 1kgの物質に 0.01Jのエネルギーを与えるときの吸収線量SI単位グレイ (Gy) との関係は 1rad=10-2Gy=10-2J/kg 。単位名はラテン語のラディウス (光線) に由来する。放射線治療においても一般にこの単位が用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラド(rad)
放射線吸収線量を表す単位。現在はグレイを標準単位とする。1ラドは物質1キログラムが0.01ジュールのエネルギーを吸収するときの吸収線量で、0.01グレイに相当。記号rad

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ラド
 吸収線量の単位.略号rad.近年は SI 単位であるグレイ(Gy)が多く用いられるようになった.1Gy=100rad.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラド【rad】
吸収線量(電離放射線によって物質に与えられるエネルギー)の単位で,記号rad。物質1kg当り1/100Jのエネルギーが与えられるときの吸収線量が1radである。などに対する放射線治療では,数百~数千radの吸収線量が患部に与えられる。1980年代の後半からは,吸収線量の単位として,以前から使われてきたラドに代り,新しい単位グレイ(記号Gy)が用いられることになっている。1Gyは100radに等しい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラド【rad】
放射線吸収線量の旧単位。記号 rad  放射線を照射された物質が吸収する線量で、一ラドは質量1キログラム 当たり0.01ジュールのエネルギーを吸収するときの量。なお、吸収線量の SI 単位はグレイ(記号 Gy)で一ラドは0.01グレイにあたる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラド【rad】
radiation absorbed dose
ラド

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

ラド【rad】
放射線に照射された物質が吸収したエネルギー量の単位。記号は「rad」(「rd」も可)。1radは物質1gあたり100エルグのエネルギーを吸収するときの線量。1975年に、ラドの代わりにSI単位系でグレイ(Gy)が採用(1Gy=100rad)された。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラド
らど
rad
吸収線量の単位。1キログラムの物質が0.01ジュールのエネルギーを吸収するときの吸収線量をいう。記号はrad。1953年国際放射線委員会でCGS単位で定義され、1970年国際単位系で再定義された。実用上はラドもレントゲンもほぼ同量のエネルギーを表す。名称は、1918年に、X線量の単位を一匹のネズミを殺すに必要な線量として提案されたことによる。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラド
〘名〙 (rad) 放射線の吸収線量を表わす単位。放射線の照射を受けた物質一キログラムあたりの吸収エネルギーが〇・〇一ジュールの時の吸収線量を一ラドとする。現在はグレイを標準単位とし、一グレイは一〇〇ラドに相当する。記号 rad

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ラド
ラド
rad

吸収線量の単位.rad(radiation absorbed dose)で表す.放射線の照射によって物質1 g が100 erg のエネルギーを吸収したとき,その物質の吸収線量は1 rad であるという.1 rad は1 R(レントゲン)のX線やγ線の照射線量に対して種々な物質が吸収する線量にほぼ等しい.たとえば,水は1 R に対し98 erg のエネルギーを吸収する.すなわち,吸収線量は0.98 rad である.一方,空気は1 R に対し0.87 rad の吸収線量になることが知られている.国際単位系(SI単位)の吸収線量の単位であるグレイ(Gy)との関係は

1 rad = 10-2 Gy.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラドの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation