@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラニーニャ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラニーニャ
La Niña
赤道付近の東太平洋,ペルーエクアドルの沖合いの広い範囲で,海面水温が平年より低くなる現象エルニーニョ El Niñoと逆の状態。エルニーニョの味がスペイン語で「男の子」であるのに対し,アメリカ合衆国の研究者が「La Niña=女の子」と呼んだことから広く使われるようになった。反エルニーニョ Anti-EI Niñoともいう。ラニーニャ現象が発生すると,日本の南方海上の西太平洋熱帯海域の海面水温が上昇して対流活動が活発になる。日本付近では夏季は太平洋高気圧が北へ張り出しやすくなり,北日本を中心に気温が高く,西日本の太平洋側を中心に,雨が多く,気温は低めとなる傾向がある。冬季西高東低気圧配置(→西高東低の気圧型)が強まり,気温が低くなる傾向がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ラニーニャ
エルニーニョと反対に、東太平洋赤道域で月平均海面水温が数年に一度、数カ月にわたり平年よりも低くなる現象。スペイン語で「女の子、少女」の意。エルニーニョほど顕著ではないが世界各地に天候異変をもたらし、日本ではやや暑い夏、寒冬になりやすい。
(饒村曜 和歌山気象台長 / 宮澤清治 NHK放送用語委員会専門委員 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

精選版 日本国語大辞典

ラニーニャ
〘名〙 (La Niña 「少女」の意) 日付変更線より東の太平洋赤道海域で、海面水温が平年より低くなる現象。エルニーニョの逆の現象で、それに対応して命名された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラニーニャ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラニーニャの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation