@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラバト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラバト
Rabat
モロッコ首都。ラバト県を形成する。カサブランカの北東,道路で 92km,大西洋沿岸のブレグレグ川河口左岸に位置し,右岸のサレと対する。住民の大半はイスラム教徒で,ユダヤ人やヨーロッパ人も居住する。この地には古代ローマの植民都市サラ・コロニアがあったが,サレはローマにとって異端であったベルベル人を住まわせるために,正統イスラムのベルベル人によって 10世紀に建設された。12世紀,対スペイン戦争時,ムワッヒド朝が古代のサラの北方,サレの対岸に軍隊の野営地(リバート)を設置,のちその地をリバート・アル・ファトヒ(勝利の野営地)と呼称したことから今日の地名が生じた。17世紀にはスペインを追われたムーア人の難民が来住。1912年からのフランス保護領時代に行政上の首都として発達。1956年のモロッコ王国独立後,サレとともにその首都となった。近代的な織物工業が行なわれ,絨毯,毛布を産する。農業も活発で野菜や果実を輸出している。そのほか煉瓦,石綿の生産でも知られる。北部の海岸近くに城壁で囲まれた旧市街があり,その南側にはフランス保護領時代に建築された近代的な新市街が広がる。カスバ・デ・ウダヤの門,ハサンの塔(→ハサン・モスク),スルタン宮殿など壮麗な建造物が多く,ムハンマド5世大学(1957),音楽学校などがある。カサブランカ,タンジールなどと鉄道,道路で結ばれ,国際空港がある。2012年,世界遺産の文化遺産に登録された。人口 62万1480(2004)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラバト【Ir-Rabat】[マルタ共和国の町]
地中海中央部の島国、マルタ共和国の町。マルタ島中央部の町イムディーナの城壁外に広がる。もとはイムディーナと一つの町だったが、アラブ人支配時代に堀が築かれ、分割された。古代ローマ時代のカタコンブや、聖パウロが身を寄せたという洞窟の上に建てられた聖パウロ教会がある。
マルタ共和国の都市ビクトリアの旧称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラバト【Rabat】[モロッコ王国の首都]
モロッコ王国の首都。同国北部の大西洋岸、ブーレグレグ川の河口に位置する。古代ローマ時代に植民都市サラがあった場所で、12世紀にムワッヒド朝の軍事拠点が置かれた。その後、17世紀アラウィー朝時代に首都が置かれた。絨毯(じゅうたん)の産地。12世紀建造のハッサンの塔ルワー門ウダイヤのカスバ、モロッコ独立を進めた元国王が眠るムハンマド5世廟、現国王の王宮などがある。2012年、「ラバト:近代都市と歴史的都市が共存する首都」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。人口、行政区64万(2007)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らばと【ラバト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラバト
らばと
Rabat

北アフリカ、モロッコの首都。同国北西部、大西洋岸のブー・レグレグ川河口左岸に位置する。人口138万5872(1994)。12世紀ベルベル人のイスラム国家ムワッヒド朝により建設された。ラバトとは兵営を意味し、当初は軍事拠点であった。その後一時衰退したが、1660年アラウィ朝の王都として再興された。モロッコの南北を扼(やく)する要地であることから、1912年フランス保護領の政庁が置かれ、統監のリヨテ将軍により旧都の南にヨーロッパ風市街がつくられた。王宮があり、政府の省庁、外国公館が集中し、国の政治、外交の中心都市で、独立後人口が急増している。新市街には、ビルや南欧風住宅が並び、公園や並木道も整備され、美しい都市景観をみせている。ムハンマド5世通りに沿って官庁、議会、オフィス、銀行などがあり、中心地域となっている。その南西には王宮、大学がある。市北部の海に臨む段丘上には、城壁に囲まれたアラブ風の旧市街メディナがあり、ハッサン・モスクの大尖塔(せんとう)、ウダイヤのカスバ、博物館、ムハンマド5世廟(びょう)など名所が多い。川を挟み対岸には古都サレがあり、ラバトと一体化している。工業では繊維工業のほか伝統工芸も盛んである。国際空港が近く鉄道、道路の結節点で、物資の集散地でもある。

[藤井宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラバト
(Rabat) モロッコ王国の首都。大西洋岸にある政治都市で、経済都市カサブランカに対し、一九一二年フランス保護領モロッコの主都として建設された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラバト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラバトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation