@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラバン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラバン
Laban, Rudolf von
[生]1879.12.15. ポジョニー(現ブラチスラバ)
[没]1958.7.1. ウェイブリッジ
オーストリア=ハンガリー生れの舞踊理論家。本名 Rudolf Laban de Varaljas。ノイエ・タンツ (モダン・ダンス) の理論的主導者で,舞踊譜ラバノテーションの創案者。初め踊り手として活躍したが,パリで一時建築を学び,映画・演劇絵画にも関心を寄せ,レビュー・グループを率いて北アフリカで当地舞踊を学んだ。 1930年ベルリン国立歌劇場のディレクター就任。舞踊を時間芸術ではなく空間芸術としてとらえ,科学的に身体運動を分析し,その形式と方法論を確立,群舞の作品を多く作った。 M.ウィグマン,K.ヨースら多くのドイツ・モダン・ダンスの俊英を育てた。第2次世界大戦中ナチスに追われてイギリスに移住し,工場労働者に作業効率を高める方法などを教えた。主著舞踊家の世界』 Die Welt des Tänzers (1920) ,"Principles of Dance and Movement Notation" (56) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラバン【Rudolf von Laban】
1879‐1958
ハンガリーに生まれ,ドイツとイギリスで活躍した舞踊家,振付師,舞踊理論家。パリのエコール・デ・ボーザールに学び,ムーラン・ルージュで舞踊家として出発,北アフリカ,ドイツ各地を転々としながら舞踊家としての基礎を固めた。1910年ミュンヘンにモダン・ダンスの学校を開設,その生徒の中にM.ウィグマンがいた。19年シュトゥットガルトにラバン舞踊団を開設,K.ヨースが参加した。28年《記された舞踊Schrifttanz》を出版,長年の動作の分析研究に基づいた舞踊の記譜法〈キネトグラフィー・ラバンKinetographie Laban〉を発表した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラバン
らばん
Rudolf von Laban
(1879―1958)
ドイツの舞踊振付者。ブラチスラバ(スロバキアの都市。当時はオーストリア・ハンガリー帝国)に生まれる。舞踊家としてパリなどで活躍後、1910年ミュンヘンで舞踊学校を開き、第一次世界大戦中チューリヒでスタジオを開設、30年にはベルリン国立劇場の芸術監督となった。ベルリン・オリンピックのマス・ゲームなども創作したが、第二次大戦中はナチスを嫌いイギリスに亡命、晩年は舞踊教育に貢献した。ドイツ・モダン・ダンスの父といわれ群舞の創作に才能を発揮し、『ドン・ファン』『アガメムノン』などを振り付けた。また舞踊思想家、教育者として『舞踊家の世界』(1920)、『振付術』(1926)、『舞踊のための人生』(1935)、『近代教育舞踊』(1948)などを出版。彼は舞踊を、動き、リズム、方向性の三要素からなるものとし、動きは魂と舞踊家の身体感覚を通して生まれ、空間的緊張から空間の律動的組織化が行われると主張した。ラバンの考案した舞踊譜はその後ラバノテーションLabanotationの名で実用化されている。[市川 雅]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラバン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラバンの関連情報

関連キーワード

ボアボードランモース(Edward Sylvester Morse)おもなお雇い外国人沼間守一ヒューズ琉球琉球処分セベーリドンケル=クルティウスルノンドー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation