@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラビリントス【らびりんとす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラビリントス
らびりんとす
Labyrinthos

ギリシア神話に出てくる迷宮。クレタ王ミノスが怪物ミノタウロスを閉じ込めるため、工匠ダイダロスに命じてつくらせたもの。通路は錯綜(さくそう)を極め、いったんここに入り込んだ者は二度と出ることができなかった。しかし、英雄テセウスは戸口に糸玉の先を結び付けて入り、その糸をたどって脱出し、また、のちにここに幽閉されたダイダロスとイカロスの親子は翼をつくって空を飛び、逃げ出した。ラビリントスはクノッソスにあったとされるが、ゴルティン市の地下採石場がこれであるとする説もあり、やがて迷宮的な建物は、すべてラビリントスとよばれるようになった。ラビリントスという名称はlabrys(両刃の斧(おの))と結び付けられるが、この斧が石切り工具なのか、犠牲式の祭具なのか、何かのシンボルなのか、明確ではない。

[中務哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラビリントス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラビリントスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation