@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラフィアヤシ【らふぃあやし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラフィアヤシ
らふぃあやし
raphia palm
[学]Raphia
ヤシ科(APG分類:ヤシ科)トウ亜科ラフィアヤシ属の総称。ラフィアはギリシア語のraphisに由来し、針の意味で、葉脈や葉柄に毛刺または剛刺があることによる。熱帯アフリカ、マダガスカル島、マスカリーン諸島に38種、熱帯アメリカに1種分布する。幹は直立し高さ2~10メートル、径1メートル。幹肌に狭い環紋(葉痕(ようこん))が残る。葉は濃緑色の羽状葉で斜め上に伸張し、15~18メートル、葉並びは乱れている。幹は比較的低いのに対し、葉冠は巨大である。葉柄は赤褐色で長さ4メートル、径2.5センチメートル。円い軸をなし、葉鞘(ようしょう)にかけて上面が深い溝になり、幹を包囲している。小葉は200対くらいあり、表面は濃緑色、裏面は灰白色で長さ0.6~1.5メートル、幅3~4センチメートルで先端は細くとがる。葉脈、葉縁などに毛状の刺針があり、小葉基部および葉鞘部に剛毛がある。
 肉穂花序は円柱状の雌雄同株(単性花または両性花が雑居する)で、葉鞘中から生じ、長さ2~4メートル。花柄はコップ状の包葉が連鎖状につき、花は包葉の腋(えき)につき、光沢のある褐色。ヤシの単性花としては他属とは逆に、雌花群が花序の枝先に近くつき、雄花のほうが基部に近くつく。雄花は長さ8ミリメートル、径5ミリメートルで、鐘状の萼(がく)内につき、花弁は先がとがったへら形で雄しべは6~9本、太い花糸に矢じり状の長い葯(やく)がある。雌花は長さ8ミリメートル、径5ミリメートル、先のとがった瓶形で全周が鱗片(りんぺん)で覆われ、柱頭は円錐(えんすい)形で3裂する。果実は卵形または楕円(だえん)形で、光沢の強い褐色の革質鱗片に覆われ、頂部にくちばし状の突起がある。果房は無数の果実をつけ、100~150キログラムに及ぶ。株は結実、完熟後枯死する1代1回結実種である。種子は光沢のある暗黄色で全面にしわがあり、胚乳(はいにゅう)はタンパク質の錯道質で硬く、胚は横にある。
 小葉の上面の表皮をはぎ、接木(つぎき)などの園芸用に古くから用いられ、葉鞘の硬質繊維をブラシなどに利用する。胚乳は角質なので工芸用になる。花序を切った切り口から得る樹脂で酒をつくる種類もある。植物園以外の庭園樹には不向きで、鉢植えには適さない。湿地でよく育ち、栽培温度は最低7℃。
 よく知られるのは次の2種である。ウラジロラフィアR. farinifera (Gaertn.) Hyl.(R. ruffia Mart.)はマダガスカル島原産。果実は卵形で長さ3~5センチメートル、径2.5~4センチメートル。葉柄の繊維、葉で紐(ひも)をつくる。サケラフィアbamboo palm, wine palm/R. vinifera Beauv.はナイジェリア原産。花柄の樹液から酒をつくり、胚乳を工芸品に用いる。葉は紐に、葉柄は竿(さお)材にする。[佐竹利彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラフィアヤシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラフィアヤシの関連情報

関連キーワード

APG分類体系アケビマツモ(沈水植物)イグサ科キンギョモナギイカダホザキノフサモアヤメアリドオシランオガタマノキ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation