@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラベンナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラベンナ
Ravenna
イタリア北部,エミリアロマーニャ州の東部,ラベンナ県の県都ベネチア南方 110km,アドリア海岸に近い平地を占める。かつてはポー川分流の河口に近く,港となっていた。テッサリア人が建設し,前 191年にローマの支配下となった。 402年に西ローマ帝国初代の皇帝ホノリウスが移って種々の施設を造り,首都として市街も整備された。その後,ランゴバルド,ビザンチン,ベネチア,教皇と支配が交代し,1860年にサルジニア王国に併合された。現在は干拓,排水によって造成された農業地域の集散地で,コルシニ運河で海と結ばれる。付近から天然ガスを産出し,食品,繊維,化学,石油化学などの工業が発達。初期キリスト教文化の宝庫といわれ,5~8世紀に建設されたガラ・プラキディア廟サン・ビターレ聖堂,ネオニアノ洗礼堂,サンタポリナーレ・ヌオーボ聖堂など,いずれもモザイクの美しい歴史的建造物は,1996年世界遺産の文化遺産に登録されている。人口 15万8739(2011推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラベンナ(Ravenna)
イタリア北東部の工業市。アドリア海近くにあり、古代ローマの艦隊根拠地として発展。西ローマ帝国帝都、東ゴート王国の首都として繁栄、16世紀初めローマ教皇領となった。ビザンチン式モザイクの施された聖堂が多く残り、1996年「ラベンナの初期キリスト教建築物群」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラベンナ【Ravenna】
イタリア中北部,エミリア・ロマーニャ州の同名県の県都。人口13万7600(1980)。アドリア海から約10km内陸に位置。古代ローマ時代には,海岸に沿ったローマ道上にある軍事上の要地であった。402年,ミラノにかわって西ローマ帝国の首都となり,476年に帝国を倒したオドアケル,493年に彼を破ったテオドリック大王もここを都とした。540年,ユスティニアヌス1世(大帝)が攻略し,ビザンティン帝国の主要都市となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラベンナ
らべんな
Ravenna

イタリア北東部、エミリア・ロマーニャ州ラベンナ県の県都。人口13万8204(2001国勢調査速報値)。全長12キロメートルのコルシーニ運河によってアドリア海に面するポルト・コルシーニと結ばれる。豊かな農業地帯に位置し、農産物の取引や食品工業が行われていたが、1953年メタンガス田の発見を契機として重化学工業都市に転身し、石油化学、石油精製、繊維、セメントなどの工業が発達した。ビザンティン式モザイク芸術の宝庫であり、ガッラ・プラチーディア廟墓(びょうぼ)(5世紀)、サン・ビターレ聖堂、サン・タポリナーレ・ヌオーボ聖堂、近郊のクラッセにあるサン・タポリナーレ・イン・クラッセ聖堂(いずれも6世紀)などに傑作をとどめている。サン・ビターレ聖堂のユスティニアヌスとテオドラのモザイクはとくに有名。

[堺 憲一]

歴史

海に向かって開け、内陸部に対しては沼沢地を天然の要塞(ようさい)としたラベンナは、すでに紀元前1世紀から軍事的要地であった。ローマ帝国初代皇帝アウグストゥス(在位前27~後14)がクラッセ港を開き艦隊基地としてから急速に発展し、402年西ローマ帝国の首都がミラノから当地に移されてさらに拡大整備された。帝国を倒したオドアケル、493年に彼を倒した東ゴート王テオドリックもここを首都とし、ユスティニアヌス1世のイタリア再征服(554)以後は、ビザンティン帝国の出先行政府の所在地となった。6世紀を頂点にその繁栄は陰りをみせ始め、751年ランゴバルド人に征服され、756年フランク王ピピンにより教皇領とされた。神聖ローマ帝国成立後の一時期、皇帝の大封臣たるラベンナ大司教の下で昔日の繁栄を若干取り戻したと考えられ、コムーネ(自治都市)としての成立はイタリアでももっとも早い時期に属する。1321年にはダンテがここで没した。15世紀にはベネチアの支配下に入るが、1509年教皇に返還された。ナポレオンによる制圧後、1815年に教皇に返還され、1860年イタリア王国に統合された。

[後藤篤子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラベンナ
(Ravenna) イタリア北東部のアドリア海岸に近い古都。ローマ帝政期の艦隊の根拠地。五世紀はじめに西ローマ皇帝の居住地、事実上の帝都となり、その後もオドアケル、テオドリック時代の東ゴート王国の首都、東ローマ帝国の総督府所在地として栄え、一六世紀初頭からローマ教皇領、一八六〇年以後イタリア王国領となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラベンナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラベンナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation