@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラマピテクス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラマピテクス
Ramapithecus
中新世にアジア,アフリカヨーロッパの各地にすんでいたと考えられている化石霊長類。1960年代に E.サイモンズが,それまで別々に呼ばれていた一連の化石,すなわち G.ピルグリムがインドで発見したドリオピテクス・プンジャビクス(1910),G.ルイスがやはりインドで発見したラマピテクス・ブレビロストリス(1932)とブラマピテクス・トルペイ(1934),ルイス・S.B.リーキーがアフリカで発見したケニアピテクス・ウイケリ(1962)などを調べた結果,歯列弓がヒトに近い放物線状であり,切歯犬歯が小さく臼歯の歯冠も低くヒト的である,などの共通した特徴をもつことが判明したため,これらをひとまとめにしてラマピテクス・プンジャビクス R. punjabicus の名を与えた。ラマピテクスは,歯の形態などからヒト科の一員であると考えられたこともあったが,オランウータン祖先とする見方も強まっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラマピテクス(Ramapithecus)
アフリカ・ヨーロッパ・アジアなどで発見される、人類近縁の化石霊長類。インド北西部のシワリクで上顎(じょうがく)を最初に発見。1200万~600万年前に生息した人類の祖先と考えられたが、のちの研究でヒト科と認めるは否定された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラマピテクス【Ramapithecus】
化石霊長類の一つ。G.E.ルイスはインド北部のシワリク丘陵で,中新世後期の地層から右上顎骨片を発見し,ラマピテクスと命名した(1934)。この化石は犬歯が脱落して歯槽痕だけを残し,第1小臼歯から第2大臼歯までが残っている。ルイスは南アフリカで発見されたアウストラロピテクスとともに,人類にきわめて近い化石と考えたが,かえりみられなかった。1964年以来,E.L.サイモンズがこの化石を再認してから,再びラマピテクスがサルかヒトかをめぐって論争が活発になった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラマピテクス
らまぴてくす
Ramapithecus

化石類人猿。アメリカ、エール大学の大学院生ルイスが1932年、インドの北西部シワリクで右上顎(じょうがく)骨片を発見したが、多くの学者は注目しなかった。1961年、リーキーらがケニアのフォート・ターナンでケニアピテクスを発見するに及び、64年以降、アメリカの霊長類学者サイモンズはケニアピテクスもラマピテクスの一員であるとした。またトルコ、ギリシア、ハンガリー、パキスタン、中国南部から相次いで発見された化石破片もすべて同類のものと考えられた。いずれも歯または顎骨片にすぎないため、全貌(ぜんぼう)はつかみがたい。切歯や犬歯は小さいが、小・大臼歯(きゅうし)は大きく、歯冠は低い。歯の形態は人類としては原始的であるが、類人猿と比べるとかなり人類に近い。年代は第三紀中新世末から鮮新世前期で、600万年から1200万年前である。このような点からラマピテクス類は人類の直接の祖先と考えられたが、今日では性的二型とみなされ、オランウータンの祖先とみられるシバピテクスを雄(おす)、ラマピテクスはその雌(めす)と考えられるに至り、これを人類祖先とする見方は消え去った。

[香原志勢]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラマピテクス
〘名〙 (Ramapithecus) アフリカやユーラシア大陸で発見される化石霊長類。一二〇〇~六〇〇万年前に生息。人類の直接の祖先とも考えられていたが、反対説が強い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラマピテクス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラマピテクスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation