@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラミング

デジタル大辞泉

ラミング(ramming)
砕氷船による砕氷方法の一。通常より速い船速で助走し、氷盤に突入して砕氷する。厚い氷盤に当たり、前進をはばまれた際に用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

らみんぐ【ラミング】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラミング
らみんぐ
George Eric Lamming
(1927― )

バルバドスの小説家、詩人、エッセイスト。1946年F・コリーモア(1893―1980。1940、50年代のカリブ海域文芸ルネサンスの中心的役割を演じたバルバドスの詩人)のすすめでトリニダードに渡り、ベネズエラ・カレッジで教えるかたわら詩作に没頭し、その詩が文芸誌『ビム』に掲載された。1950年以降ロンドンに移住し、BBC放送の「カリブの声」を担当しながら創作に励んだ。1974年にはバルバドスの労働者カレッジの創設に参画し、75年に客員作家の資格でナイロビ大学とダルエス・サラーム大学に在籍した。76年以降は、インド、オーストラリアの大学、アメリカのペンシルベニア大学、コーネル大学で教え、80年には西インド大学から名誉博士号を贈られた。その間、トリニダードの小説家、歴史家、政治思想家であるC・L・R・ジェームズ(1901―89。カリブ海域のみならずアフリカ全域の植民地解放運動を思想面で支えたパン・アフリカ運動の大御所的存在)と親交を結び、そのマルクス主義的歴史解釈に強い感銘を受けた。小説の主要テーマは、カリブの民の根なし草的流民の自己検証とアイデンティティの追求で、モーム賞を受賞した代表作『わが皮膚の砦(とりで)の中で』(1953)のほか、移住地ロンドンで白人から浴びせられる人種的敵意をテーマとした小説『移民たち』(1954)、『水辺のイチゴ』(1971)、エッセイ集『亡命の喜び』(1960)、挫折(ざせつ)を味わって本土に帰還し、父祖の地で自立再建の道を探る小説『冒険の季節』(1960)、『われら先住民』(1971)がある。なお、1992年に彼のエッセイ、講演、インタビューを収めた『対話』が出版された。

[土屋 哲]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラミング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラミングの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation