@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラム【らむ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラム(Charles Lamb)
らむ
Charles Lamb
(1775―1834)
イギリスの随筆家。ロンドンに生まれる。名門パブリック・スクールのクライスツ・ホスピタルに学び、生涯の友コールリッジを知るが、経済的理由のほかに、吃音(きつおん)であったこともあって大学へは進学しなかった。卒業後しばらく南海会社に勤めたあと東インド会社へ移り、50歳で辞めるまで33年間、忠実な会計係として勤務した。1796年、姉のメアリーMary Ann Lamb(1764―1847)が精神錯乱の発作で母親を刺し殺すという悲劇が起こり、彼はこの姉のめんどうをみようと決心して生涯独身を決意。そういう彼自身も同じ病気で一度入院することになり、精神病の暗い影が姉弟にずっとついて回った。姉の発作はときどき起こったので、近所の手前をはばかり、しばしば引っ越ししなくてはならなかった。このころが彼のどん底の時期であったが、彼はいつも駄洒落(だじゃれ)を考えるのを楽しみにしていたという。文学的活動としては、初めは主として詩を書き、98年には有名な『なつかしの面影(おもかげ)』を含むロイドCharles Lloyd(1775―1839)との共著詩集『ブランク・バース』を出した。1807年には、姉と共著で『シェークスピア物語』(姉は喜劇、ラムが悲劇を受け持つ)を出したほか、児童向けの本がいくつかある。ついで翌08年には学問的にも評価されている『イギリス劇詩人名品抄』が出て、このころからようやく生活の安定を得るようになった。
 1820年、45歳から『ロンドン雑誌』に随筆を書き始め、23年に『エリア随筆』として出版され、彼の名を不朽のものとした。33年には『続エリア随筆』が出た。愚かな人間をいとおしみ、しみじみとした味わいを漂わせるユーモアはイギリス文学史上でも特異なもので、いまも愛読者が絶えない。東洋的文人趣味に通ずるところがあるせいか、明治以来わが国で心を寄せる者が少なくない。文人、学者に多くの友人をもっていたラムは、書簡にもみるべきものがある。[外山滋比古]
『日夏耿之介・燕石猷訳『イギリス抒情詩集』(原題『ブランク・バース』1952・河出書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation