@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラモー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラモー
Rameau, Jean-Philippe
[生]1683.9.25. 〈洗礼〉ディジョン
[没]1764.9.12. パリ
後期バロック時代を代表するフランスの作曲家,音楽理論家。オルガン奏者の子で,1702年よりアビニョンをはじめクレルモンフェラン,パリ,ディジョン,リヨンなどでオルガン奏者をつとめたが,23年よりパリに定住し,財務官ラ・ププリニエール家の後援を得て,オペラバレエの作曲家として頭角を現した。主作品は悲劇的オペラ『イッポリートとアリシー』 (1733) ,『カストルとポリュックス』 (37) ,『ダルダヌス』 (39) ,バレエ・オペラ『優雅なインドの国々』 (35) ,コミック・オペラ『プラテー』 (45) のほか,『クラブサン曲集第1巻』 (1706) や室内楽曲など。主著は『和声論』 Traité del'harmonie (22) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ラモー(Jean-Philippe Rameau)
[1683~1764]フランスの作曲家・音楽理論家。フランスの宮廷オペラを発展させ、また、「和声論」などを著して近代和声学の基礎を築いた。作品に「クラブサン曲集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ラモー
フランスの作曲家、音楽理論家。18世紀前半、盛期バロックを代表する音楽家の一人。数多くの優れた劇音楽を書いたこと、理論書によって近代和声理論の基礎を確立したことで、音楽史に輝かしい功績を残した。
...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

ラモー【Jean‐Philippe Rameau】
1683‐1764
フランスの作曲家,音楽理論家。ディジョンの教会オルガン奏者の11人の子どもの第7子(次男)として生まれた。40歳までのことは不明なことが多い。音楽の手ほどきは父から受けたらしい。裁判官になる勉強をするべくイエズス会学校に入学したが,音楽に時間を費やす不行状のかどで退学させられた。1701年に音楽家を志し,父の勧めでイタリア留学をしたが,ミラノに数ヵ月滞在しただけで,ミラノの旅芸人一座の一員としてフランスに戻っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ラモー【Jean Philippe Rameau】
1683~1764) フランスの作曲家・音楽理論家。数冊の「クラブサン曲集」と近代の機能和声法の基礎を確立した「和声論」を出版、さらにオペラの作曲に転じ、フランスオペラの伝統を擁護した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ラモー
らもー
Jean-Philippe Rameau
(1683―1764)
フランスの作曲家、音楽理論家。ディジョン生まれ。アビニョン、リヨン、クレルモン・フェラン、パリで教会オルガン奏者を務め、その間1706年にクラブサン曲集を出版。22年、近代の音楽理論の基礎となる著作『和声論』を刊行し、理論家として一定の評価を受ける。50歳を迎えた33年、ラシーヌの戯曲『フェードル』をもとにした歌劇(音楽悲劇)『イポリットとアリシー』を発表、以後精力的に舞台音楽を作曲、18世紀フランスの最大の歌劇作曲家になった。イタリア音楽とフランス音楽の優劣をめぐっておきたブフォン論争(1752)に際しては、イタリアを推すJ・J・ルソーらの啓蒙(けいもう)主義者と対立、リュリ以来のフランス音楽を擁護する立場から、盛んに論文等を発表した。パリに没。[美山良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ラモー
(Jean-Philippe Rameau ジャン=フィリップ━) フランスの作曲家。ノートルダム大聖堂などのオルガン演奏のかたわら「クラブサン曲集」を出版。「ダルダニュス」など多くのオペラを作曲してフランスのオペラの発展に貢献したほか、合理的な機能和声の理論の基礎づけを行なった。(一六八三‐一七六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラモー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラモーの関連情報

関連キーワード

オイゲン[サボイ公]ペドロ2世[ポルトガル王]伊藤仁斎オイゲン算額突込もんだ伊藤梅宇ウォルトンおさん茂兵衛

他サービスで検索

「ラモー」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation