@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ラルサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ラルサ
Larsa
ウルク南東 32kmに位置するバビロニアの古代都市。現イラクのタルサンカラー。前3千年紀から人間の住んだ跡があり,前 2025年頃アモリ人ナプラヌム (在位前 2025頃~05) が王朝創始。前 1924年5代目のグングヌムがイシンのリピト=イシュタルを敗北させて以来,ウル,ラガシュ,ウルクなどシュメール,アッカドの大都市を支配下に収め優勢を保った。またインドとユーフラテス川流域をつなぐ通商も行われた。しかしラルサの最後の王リム=シンが,前 1770年頃バビロンハンムラビに倒されるに及んで,南メソポタミアにおけるラルサの支配は終りを告げた。 1933年に A.パロによって発掘され,新バビロニア,セルジューク朝時代の遺跡とともにジッグラト神殿,ヌル=アダド王の宮殿跡が発見された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ラルサ【Larsa】
イラクのウルクの南東約15kmにある都市遺跡。現在名シンカラSinkara(センケレSenkere)。ウル第3王朝(前2112‐前2004)の滅亡後まもなく成立したアモリ(アムル)系独立王朝の首都で,その第5代王グングヌム(在位,前1932‐前1906)のときにウルを支配下に入れ,それ以後北のイシンとの間で南メソポタミアの支配権を二分した。同王朝第14代王リムシン(在位,前1822‐前1763)のときにライバルのイシンを倒すが,その約30年後には自身がバビロンのハンムラピ王に滅ぼされてその最盛期を終える(前1763)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ラルサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ラルサの関連情報

関連キーワード

大隅海峡キスカ[島]天神川バターン半島ボストン・マラソンマッシャーブルム[山]耶馬渓金子長之助黒井忠寄三菱A型

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation