@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ランカスター朝【ランカスターちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ランカスター朝
ランカスターちょう
Lancaster Dynasty
イギリスの王朝 (1399~1461,70~71) 。ヨーク朝とともにプランタジネット朝支派。エドワード3世の第4子ジョン・オブ・ゴーントは 1362年ランカスター公に叙せられたが,その子ヘンリーは,国王リチャード2世の専制に反抗する貴族を指導して挙兵,99年これを廃してヘンリー4世 (在位 1399~1413) として即位,初代の王となった。その子ヘンリー5世 (在位 13~22) は,アザンクールの戦いでフランス軍を破り,フランス王位継承権を得たが,南フランスで病没。その子ヘンリー6世 (在位 22~61,70~71) の時代,エドワード3世の第3子ライオネルの子孫ヨーク公のリチャードが王位を要求してバラ戦争を起し,リチャードの子エドワードが 1461年ヘンリー6世を廃位して,エドワード4世として即位,ヨーク朝を樹立した。ヘンリー6世は 70年いったん復位したが,翌年殺され,ランカスター朝の支配は終った。しかし 85年,その一族チューダー家のヘンリーがヨーク朝の王リチャード3世を倒してヘンリー7世として即位,バラ戦争を終結させ,チューダー朝を開いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ランカスターちょう【ランカスター朝 House of Lancaster】
イギリス中世末の王朝。1399‐1461年。プランタジネット朝の分枝たる王朝で,ランカスター家の成立は1267年にヘンリー3世の次男エドマンドがランカスター伯領を得たときにさかのぼることができるが,直接の開祖ヘンリー4世である。1399年,国王リチャード2世はランカスター公ジョン・オブ・ゴーントの死にあたって彼の公領を没収したが,その子ヘンリーは公領の返還を求めて追放されていたフランスから帰国,国王の暴政に憤る諸侯および譜代家臣の支援を得て王位を簒奪(さんだつ)し,ヘンリー4世(在位1399‐1413)としてランカスター朝を興した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ランカスター朝
らんかすたーちょう

中世イギリスの王朝。ランカスター家は、1267年プランタジネット朝ヘンリー3世の次男エドマンドがランカスターLancaster伯に叙せられたことに由来する。14世紀に「公」の称号を受けたが、同家の女と結婚したジョン・オブ・ゴーント(エドワード3世の四男)の代に勢力を強め、王リチャード2世の死により、1399年ジョンの子ヘンリー4世がランカスター王朝を創始(在位1399~1413)。第2代のヘンリー5世(在位1413~22)は百年戦争で華々しい勝利を飾ったが、次代のヘンリー6世(在位1422~61、70~71)のときヨーク家との間にばら戦争(1455~85)が起こり、ヨーク朝のエドワード4世によりヘンリーは廃位されて王朝は滅んだ。

[松垣 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ランカスター朝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ランカスター朝の関連情報

関連キーワード

イギリス史(年表)ヨーク朝足利満兼ヘンリー[4世]ヘンリー4世ヘンリー(4世)応永の乱ランカスター家

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation